アスベスト(石綿)とは?

救済給付の内容

石綿により健康被害にあわれた方には、次の2つの支援制度があります。一つは、労働者等の方が石綿にさらされる業務に従事していた場合に労働者災害補償保険制度(労災保険制度)やその他の災害補償制度により補償を受けることができます。もう一つは、これら制度による補償を受けられない場合に、石綿健康被害救済制度による救済給付を受けることができます。

申請者 申請内容 必要な書類等
指定疾病で現在療養中の方 認定申請
  • 認定申請書
  • 申請者の戸籍の抄本若しくは戸籍記載事項証明または住民票の写し
  • 指定疾病にかかっていることを証明できる医師の診断書(指定様式)、その根拠となる医学的資料
請求者 給付の種類 必要な種類等 支給内容
被認定者 医療費
  • 認定をもって、医療手帳が交付されます。
医療手帳
(医療費自己負担分)
医療手帳が交付されるまでの間の医療費
  • 医療費請求書
  • 受診等証明書
医療費自己負担分
療養手当
  • 療養手当請求書
    (認定申請書と同時に提出してください)
月103,870円
(2か月分年6回支給)
葬祭を行った方 葬祭料
  • 葬祭料請求書
  • 被認定者が死亡したこと、死亡年月日、指定疾病により死亡したことを証明する書類
  • 被認定者の葬祭を行った方であることを証明する書
199,000円
請求者 申請内容 必要な書類等 支給内容
死亡した被認定者のご遺族の方(給付された医療費・療養手当の合計が280万円に満たない場合) 救済給付調整金
  • 救済給付調整金請求書
  • 被認定者が死亡したことおよび死亡年月日を証明する書類
  • 請求者と被認定者の身分関係を証明する戸籍謄本または抄本、生計同一を証明する書類など
280万円を上限とする調整額
請求者 給付の種類 必要な書類等 支給内容
法施行前に指定疾病により死亡された方のご遺族 特別遺族弔慰金
  • 特別遺族弔慰金・特別葬祭料請求書(施行前死亡者用)
  • 市町村長に提出した死亡診断書を機構が確認することの同意書
  • 請求に係る疾病が肺がんの場合、その原因が石綿であることを証明する資料
  • 請求者と指定疾病で死亡した方の身分関係を証明する戸籍謄本または抄本、生計同一を証明する書類など
280万円
特別葬祭料 199,000円
請求者 給付の種類 必要な書類等 支給内容
法施行以降に申請をしないで指定疾病により死亡された方のご遺族 特別遺族弔慰金
  • 特別遺族弔慰金・特別葬祭料請求書(未申請死亡者用)
  • 死亡の事実、死亡年月日、請求に係る疾病に起因して死亡したことを証明する書類(死亡診断書の 写し又は死体検案書の写しなど)
  • 指定疾病にかかっていたことを証明できる医師の診断書(指定様式)、その根拠となる医学的資料
  • 請求に係る疾病が肺がんの場合、その原因が石綿であることを証明する資料
  • 請求者と指定疾病で死亡した方の身分関係を証明する戸籍謄本または抄本など、生計同一を証明する書類など
280万円
特別葬祭料 199,000円

認定の申請や給付の請求に関する書類は、環境再生保全機構、環境省地方環境事務所、保健所等は、持参または郵送等により受け付けています。機構は、提出された書類を審査し、医学的事項については環境大臣に判定を申し出ます。環境大臣による判定結果に基づき、機構が認定を行います。認定された方には給付が開始されます。

医療費の支給は医療手帳を介して行われます。被認定者が医療機関において診療等を受ける際、医療手帳を示すことで、医療費のいわゆる自己負担分の医療機関への支払いが免除されます。免除された医療費は機構が医療機関の請求に基づき支払います。

また、「法施行前に指定疾病により死亡された方の遺族」及び「法施行以後に認定の申請をしないで指定疾病が原因で死亡した方のご遺族」に対しては、特別遺族弔慰金と特別葬祭料の支給が行われます。

いずれの給付も請求に基づき行われることとなりますので、詳しくは環境再生保全機構、環境省地方環境事務所、保健所等にお問合せください。

このページの先頭へ