機構のご案内

環境配慮の取組

機構の環境配慮に関する基本方針や、取組についての情報を公開しています。


環境配慮に関する基本方針

平成18年10月1日

独立行政法人環境再生保全機構は、環境分野の政策実施機関として、良好な環境の創出その他の環境の保全を図るため、あらゆる業務において、次に掲げる基本方針に従い、環境配慮を進める。

(1)業務における環境配慮と環境保全の効果の向上
業務の遂行に当たって、常に環境に配慮し、環境保全の効果の向上を目指し、継続的な改善に努める。
(2)法規制等の遵守と自主的取組の実施
環境関連の法規制等を遵守するとともに、自主的取組を実施し、より一層の環境保全を図る。
(3)環境への負荷の低減に係る目標の設定
省エネルギー、省資源及び環境物品等の調達に関する目標を設定し、環境への負荷の低減を図る。
(4)日常活動における環境配慮
全ての役職員の環境配慮に関する意識の向上を図り、業務遂行時はもちろんのこと、日常活動においても、常に環境配慮に努めるようにする。
(5)社会とのコミュニケーション
社会と広く双方向のコミュニケーションを図り、情報開示に努める。

環境報告書

独立行政法人環境再生保全機構がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出削減等のため実行すべき措置について定める実施計画(PDF、137KB)

環境配慮物品等の調達(グリーン購入) ※調達情報のページを開きます。

環境配慮契約の締結実績の概要※調達情報のページを開きます

このページの先頭へ