汚染負荷量賦課金の納付

汚染負荷量賦課金の納付

納付義務者の皆様は、ご自身で計算された汚染負荷量賦課金を、所定の期限までに申告・納付する必要があります。
 なお、納付方法は、次のとおりです。

1. 納付の方法

(1) 所定の納付書

必ず所定の納付書「汚染負荷量賦課金納付書・領収証書」を使って、申告・納付期限までに、取扱金融機関(汚染負荷量賦課金納付書・領収証書の裏面に記載)あるいは機構の窓口で納付してください。
所定の納付書(全期・第1期)は、当該年度の申告書と一緒に送付されます。
なお、自主的に申告・納付することになっていますので、 機構側から請求書等を送付することはありません。

全期・第1期分の納付書は、申告書に同封されています。お気をつけ下さい。
  1. 注1 所定の納付書によって、取扱金融機関で納付する場合の手数料は不要です。
  2. 注2 犯罪収益移転防止法により、10万円を超える現金を金融機関の窓口で納付する場合、会社及び担当者の公的証明書が必要になります。
    具体的な手続きについては金融機関にお問い合わせください。

(2) 延納

汚染負荷量賦課金額が30万円以上である納付義務者は、延納(4期に分けて納付)することができます。

・各期の納付額の計算方法について

第2期分以降の納付書は、各納付期限の約1か月前に各工場・事業場に送付します。


2. 納付の期限

(1) 全額納付(全期)及び延納(第1期分)の納付期限

  納付期限
全期・第1期 平成29年5月15日(月)

(2) 延納(第2期以降)の納付期限

  納付期限
第2期 平成29年8月15日(火)
第3期 平成29年11月15日(水)
第4期 平成30年2月15日(木)

3. 納付書の記載方法

納付書には予め、納付義務者名等が印字されていますので、ご確認のうえ、納付書には、次の事項を記載してください。

(1) 納付区分

  • 延納をしない場合は、「全期」を○で囲んでください。
  • 延納をする場合は、「第 期」に「第1期」と記入してください。

(2) 複数事業所分をまとめて納付

汚染負荷量賦課金は、原則として工場・事業場を単位として納付することとなっていますが、各地の工場・事業場分を本社等でまとめて納付することもできます。

記載例

(3) 納付額

納付書「納付額」欄に記載した金額が、申告書(7)(イ)「全期又は第一期」欄の金額と同額であることをご確認下さい。
複数事業所分をまとめて納付する場合には、その合計額になります。

  • 特設サイト 公害健康被害補償予防制度40 年のあゆみ 日本各地で引き起こされた公害と補償制度のあゆみを振り返る。 CLICK
  • フリーダイヤル 0120-135-304 何方でもご相談ください
  • 災害によって被害を受けられた納付義務者の皆様へ
  • オンライン申告はじめませんか
  • 動画で分かる申告手続
  • 各種届出書・様式 ダウンロード
  • FD・CD申告 Excel雛形ファイル
  • 汚染負荷量賦課金の計算
  • 公害健康被害補償・予防の手引き
adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。
このページの先頭へ