用紙申告の手続

A様式を用いる場合の算定方法

記入上の注意

燃料、原材料及び廃棄物(清掃工場等で焼却する廃棄物を除く。)(以下「燃原料」という。)の使用量、密度及び含有する硫黄分から求める場合に用いる最も標準的なものです。ただし、A様式によることができない等の場合には、B様式C様式及びD様式を使用し、算定してください。補正後の脱硫効率を適用する場合には、添付書類の補正後の脱硫効率の算定の過程を示す書類(E)E様式)が必要です。

A様式の記載例はこちら(PDF、5,305KB)

様式内の丸番号1~14に該当する説明

注) 丸数字は画面表示の関係上、括弧数字(«1»など)で表示しています。

«1» 賦課金番号、工場・事業場名
申告書にプリントされている汚染負荷量賦課金番号及び工場・事業場名(会社名等も併せて)を記入してください。
«2» No.
燃原料の種類(燃原料コード表(PDF、121KB)を参照)ごと、及び脱硫装置ごとに作成してください。例えば、A重油とB重油を使用している場合は、それぞれ1枚、計2枚の用紙を用いることになります。また、C重油を排煙脱硫装置のある施設と排煙脱硫装置のない施設で使用する場合は、それぞれ1枚、計2枚の用紙を用いることになります。
様式を複数部使用する場合は、それぞれに通しナンバーを付してください。
A様式を2部使用のとき
«3» 燃原料の種別
実際に使用している燃原料の名称を記入してください。また、コード欄には、燃原料コード表(PDF、121KB)の中から、該当するコード番号を選んで記入してください。
なお、3種類以上の燃原料を使用する施設については、年間を通してSOxを排出する主たる燃原料を2種類選んで各月ごとに記入してください。
«4» 使用量の単位
単位はℓ、kg又はm3Nのいずれかを○で囲ってください。
«5» 施設名
«3»の燃原料を使用した施設名を記入してください。同一燃原料を複数の施設に使用し、それらをまとめて記入する場合は、それらの施設名を全て記入してください。(ただし、脱硫装置が設置されている場合は、まとめて記入できません。)
«6» 脱硫の有無
脱硫の有無について、その該当の番号を○で囲んでください。
«7» 使用年月
年月は予めプリントされています。燃原料の使用料、密度、含有硫黄分等該当する数値を月別に記入してSOx量を算定してください。
«8» 燃原料の使用量
前年の1月1日から12月31日までの燃原料の使用量を、種類別に各月ごとに集計してください。
なお、使用量で1ℓ、1kgまたは1m3N未満の端数があるときは、これを切り捨ててください。
このページの先頭へ