用紙申告の手続

b様式を用いる場合の記載方法

記入上の注意

このb様式は、B様式又はD様式のb欄を用いてSOx排出量を算定した場合の測定結果を明らかにするための書類です。記入の際は、「排出ガス測定の一般事項(E様式及びb様式共通)」をまずお読みください。

このb様式1枚には、3回分の測定データを記入することができます。

このb様式を2枚以上使用する場合、2枚目以降の1~3は、変更がなければ記入する必要はありません。

排出ガスの測定は、2か月に1回以上行ってください。ただし、大気汚染防止法、電気事業法でSOx量の常時測定義務がある施設については、1か月間の平均値を用いて月1回の算定としてください。

脱硫装置のある施設で、測定適用期間において、脱硫装置の稼働時間が施設の稼働時間と異なる場合には、処理施設の稼働時と停止時に分けて排出ガスの測定を行い、個々にb様式を作成してください。

様式右上の「工場・事業場名」欄に、工場・事業場名(会社名等も併せて)を記入してください。

測定値等に係る有効数字の取扱いに十分留意してください。

b様式の記載例はこちら(PDF、264KB)

このページの先頭へ