用紙申告の手続

b様式を用いる場合の記載方法

様式内の番号に該当する説明

注) 丸数字は画面表示の関係上、括弧数字(«1»など)で表示しています。

1.一般事項

記載例(PDF、264KB)を参照のうえ、記入してください。(«4»最大燃原料使用量については、«3»の施設で使用する燃原料の種類と1時間当たりの最大使用量を記入し、該当する単位を○で囲んでください。使用する燃原料が3種類以上の場合は、SOxを排出する主たる燃原料を2種類選んで記入してください。)

2.排出ガス測定による理由

燃原料から求める方法(A様式)で算出できない理由をb様式に記載されている(1)~(5)の中から選択し、○で囲んでください。また、その理由を具体的に記載してください。

  • 燃原料が各種の廃棄物であり、使用量、硫黄分等の把握ができない。
  • 燃原料(黒液)中の燃焼性硫黄分が不明である(分析データがない)。
  • 中間製品等に吸収される硫黄分が不明であり、製品等への脱硫効率の算定が困難である。
  • 排煙脱硫装置を設置し、排出口においてSOx濃度と排出ガスを連続測定し、その測定値を電算機に連続入力し、月間平均値としている。

3.排出ガス経路及び測定位置

記載例(PDF、264KB)を参考に、測定対象施設の排出ガスが排出口に至るまでの経路及び測定点等を記入してください。

凡例

凡例記号

※その他、必要がある場合は簡単な説明を空欄に補足してください。

このページの先頭へ