用紙申告の手続

D様式を用いる場合の算定方法

様式内の丸番号1~27に該当する説明

注) 丸数字は画面表示の関係上、括弧数字(«1»など)で表示しています。

«24» 年間焼却量
月別焼却量(kg)の合計値を記入してください。
«25» 平均1トン(t)当たりのSOx量
«23»の1トン(t)当たりのSOx量を算術平均した値を小数点以下4けた目を切り捨て、3けたまで記入してください。
«26» 年間SOx排出量
次の式によって算出し、小数点以下2けた目を切り捨て、1けたまでを記入してください。
年間SOx排出量
«27» SOx排出量の合計
次によって算出してください。
  1. 「廃棄物の硫黄分より算定する場合」で助燃剤を使用した場合 :«10»+«16»
  2. 「廃棄物の硫黄分より算定する場合」で、助燃剤を使用しなかった場合: «16»のみ
  3. 「排出ガス測定より算定する場合」で測定時は助燃剤を使用せず、焼却始めだけ助燃剤を使用した場合 :«10»+«26»
  4. 「排出ガス測定より算定する場合」で常時助燃剤を使用したか、又は助燃剤を全く使用しなかった場合 :«26»のみ

参考Q&A

助燃剤として密度・硫黄分の異なる燃料を複数回購入して焼却した場合は・・・
年間を通して加重平均し、密度・硫黄分を求めてください。計算例はこちら(PDF、152KB)
D様式a欄を算定に使用し、年に数回排出ガス測定を行った結果、補正後の脱硫効率が複数存在する場合は・・・
定期的(例:2ヶ月に1回)に測定している場合は、算術平均して補正後の脱硫効率を求めてください。排出ガス測定が施設補修等で不定期になった場合は、補償業務部調査管理課にお問い合わせください。
このページの先頭へ