用紙申告の手続

E様式を用いる場合の記載方法

様式内の番号に該当する説明

注) 丸数字は画面表示の関係上、括弧数字(«1»など)で表示しています。

«4» 補正SOx濃度

補正する必要がない場合は、«2»の値を記入してください。
SOx濃度測定ではなく、SO2濃度測定を行っている場合は、上記«3»で求めた補正係数を用いて、補正SOx濃度を求めてください。

〔例〕 ある期間の平均SO2濃度が86.2ppmでSOx濃度への補正係数が1.03の場合

補正SOx濃度

«11» 補正排出ガス量

補正する必要がない場合は、«8»の値を記入してください。
SOx(又はSO2)濃度測定時の平均O2濃度と排出ガス量測定時の平均O2濃度が異なる場合は、排出ガス量を補正してください。

補正排出ガス量(m3N/h)

〔例〕

SOx濃度測定時の平均O2濃度 6.15%
排出ガス量測定時の平均O2濃度 5.85%
平均排出ガス量 45,930m3N/h の場合

補正排出ガス量

※«4» «11» について、その他測定時の実態に応じて補正する必要がある場合には、その補正理由及び補正方法を明示してください。

«12» SOx量(m3N/h)

SOx量は次の式によって求めてください(有効数字を4けたとし、5けた以下は切捨て)。
SOx量(m3N/h)
=補正排出ガス量(m3N/h)x補正SOx濃度(ppm)x10-6

«13» SOx濃度測定法

JIS K 0103のいずれか該当するSOx濃度の測定法を記入してください。(JIS K 0103の測定法には、中和滴定法、沈殿滴定法、イオンクロマトグラフ法、比濁法(光散乱法)があります。他にJIS B 7981の測定法として溶液導電率方式、赤外線吸収方式、紫外線吸収方式、紫外線蛍光方式、干渉分光方式及び定電位電解方式がありますが、この場合は、SO2濃度の測定のためSOx濃度に補正する必要があります。)

«14» 採取ガス量

«1» の濃度測定を行ったときの採取ガス量(吸引ガス量)を記入してください。

このページの先頭へ