機地球環境基金とは

Q3 地球環境基金の助成事業は、どのような考え方に基づき行われるのですか。

A 環境保全のため我が国が努力すべき点としては、一つには環境面で厳しい状況にある開発途上地域の環境保全に支援を行うこと、もう一つは我が国自身の経済社会を環境負荷の少ないものに改めていくことが挙げられ、そのためには、政府、地方公共団体、産業界等様々なセクターの取り組みが必要ですが、それらと併せて、民間団体(NGO・NPO)の役割が重要です。とりわけ、開発途上地域の現地のニーズにきめ細かく応えて行う草の根の環境協力や、国内で国民一人ひとりが足元から行う環境にやさしい行動を加速化させる取り組みといった面では、環境保全に熱意と関心を持つ人々の組織体であるNGO・NPOの活動に期待されるところが非常に大きいのです。

このようなことから、地球環境基金の助成事業では、法令等により助成対象となるNGO活動の要件が定められていますが、その基本的な考え方はおおむね次のとおりです。

  1. 民間の非営利の団体が民間の発意に基づき行う活動であること。
  2. 環境保全活動に資するものであること。
  3. 開発途上地域での活動であって、現地の住民又はNGO・NPOの需要に応じ、これらの者の参加を得る等の形で行われること。また、国内での活動にあっては、広範な国民の参加を得るなど、一般国民にとって重要な意義を有するものであること。

なお、助成対象となる団体の基準については、(助成についてQ1)を参照して下さい。

Q&A一覧へ戻る

このページの先頭へ