子どものための環境学習情報サイト 集まれ!グリーンフレンズ

東南アジア

団体名
熱帯林行動ネットワーク

アブラヤシ農園開発は東南アジアにおける森林破壊の最も大きな要因となっており、国際的な関心を集めているが、日本企業の取組みは着手したばかりです。
インドネシア・カリマンタンでの現地調査、サクワラ州での現地調査を実施、日本企業との関係性を把握するための土地紛争事例リスト作成やトレーサビリティに関する分析を実施、企業向けセミナーを現地調査報告会として12月、海外ゲストを招待したセミナーとして2月に2回開催。企業訪問などを通じて、パーム油に関する企業の調達方針や、融資方針を求める活動を進めました。
(助成期間:平成26年度)


「森林保全・緑化」へ戻る

このページの先頭へ