子どものための環境学習情報サイト 集まれ!グリーンフレンズ

神奈川県三浦市、小網代の森

団体名
特定非営利活動法人 小網代野外活動調整会議

三浦半島の小網代の森は湿地でしたが乾燥化が進んでしまいました。そこで草刈や間伐などの森林の手入れを行うとともに、川のところどころに間伐材を利用した堰を設けて、水を周囲に拡散させることで湿潤化を進め、森と湿原の回復を実現してきました。
しかし、河口干潟や周辺の亜潮間帯では適切な保全策がなく、河口干潟、陸域の淡水性湿地、アマモ群落の広がる亜潮間帯域を含めた10ha規模の保全実現を目指しています。
2012年度に引き続き貴重生物調査を継続・拡大し、湿地生態系全体の保全計画ビジョンをまとめるとともに、可能な範囲で保全整備をしました。また、2014年の陸域保全地区一般公開に向け、これまで活動を地域・行政・企業が協働できるボランティアプログラムを実践しました。
(助成期間:平成25~26年度)


「自然保護・保全・復元」へ戻る

このページの先頭へ