助成について

ラオス中南部における農民の自立支援と森林保護のための農村開発

活動地域 活動分野
ラオス 環境保全型農業等
団体名
アイユーゴー―途上国の人と共に―
所在地
〒590-0432
大阪府泉南郡熊取町小垣内1-10-18
TEL:072-452-8340/FAX:072-452-5680
URL:http://aiyugo.fc2web.com/
団体の設立経緯・目的
国際貢献の経験を持つ友人達に手作りの支援活動を呼びかけた。そして、日本人と他のアジアの人たちがいかにコミュニケーションを図り、理解を深め、真の協力関係ができるのかとの想いから活動が始まった。
主な活動対象地域
ラオス人民共和国中南部サバナケート県サイホウソン郡
活動形態
実践
活動分野
環境保全型農業等
本プロジェクト助成継続年数
2年目

ナマクア村で植樹の指導をするタイ専門家(右:中腰の男性)

活動の概要

活動の背景と目的

本事業の趣旨は、自然環境が劣化している村に緑化活動を始めることにある。村人による焼畑農法(移動式農法)や野焼き、山林伐採などで樹木が減少し、保水力がほとんど期待されない状況になってしまった。農民は、樹木は自然の中にあるもの、周辺にあるもの、何もしなくても存在するものと意識しているようだ。したがって、本事業の目的は、森林を再生し、保水力の高い土地を得ることを村人が認識するよう指導し、かつ村人とともに植林活動を行うことにある。同時に、生活用水や農業灌漑用水の確保、貯水方策の展開、さらに農民の経済的自立支援につながる農村開発、雨期における米作り以外の農業技術の指導、つまり乾期において収入源の確保が可能になる活動へと展開していくのである。この事業は森林再生と生活用水(地下水)確保、並びに、わずかな農地しか持たない貧しい農民への経済的自立支援を目指すことによって安定した森林再生・保全が可能にすることを目的とする。

活動の概要

この活動は、3年にわたり、ラオス中南部サバナケート県サイホウソン郡(9村)において、森林再生と貧しい農民の経済的自立支援を行うことである。2年目を迎えた今年度は、農林業の専門家ソムヨッツ氏を短期指導者として現地に送った。ゴムの栽培方法を人間の教育に例えて説明したため、村人の理解も早かった。植栽方法には、村によって工夫が見られた。ある村では、草が繁茂している雑木林に1m四方のスペースを作り植栽していた。また、別の村では、グループ分けをして管理を競う方法を採っていた。さらに、小学校の子ども達に水遣りを奨励する現場もあった。ゴム(19,000本)、マンゴ(500本)、バナナ(1,500本)が荒地化している農地や雑木林を整理したところに植林・栽培した。

活動の結果と効果

活動現地においては森林がなくなり、保水力が維持されなくなり、さまざまな被害がいわば、人為的に生じている。そのような現地に、タイの農林業の専門家ソムヨッツ氏とともに、現状を視察し、現場指導を行った。そこでの実状認識を踏まえ、本会代表とソムヨッツ氏が農業情報センターで責任者たちにどう現状を認識しているかを確認したところ、タイなどで研修を受けて少しは理解している役人もいたが、農林業に関する総合的な方法・技術と農営についての知識などはほとんどの農民たちに行き渡っていなかった。そのことから指導者並びに人材が不足していることが判明した。そこで、ソムヨッツ氏から、①農業技術に関する総合的な知識、②肥沃な土壌作り、③有機農法、④農業マネージメントなどの概略を説明し、今後、タイで研修を受けた役人及びソムヨッツ氏とその他海外で学んだ経験のある人が農業指導センターにおいて農民たちを指導することとなった。ゴムの成熟には6年必要だ。その頃になると森林再生の兆しが見られ、また地下の保水力に変化があると思われる。一方農民の経済的自立には4年以上かかると思われるが、この郡一帯がゴムなどを植林して緑を取り戻そうという意欲が強く感じられた。

(助成金額:2,200千円)

目次

このページの先頭へ