環境研究総合推進費

よくある質問

海外の研究機関との共同研究はできますか。

契約を行う研究代表者、研究分担者にはなれませんが、それ以外の研究協力者として参画してもらう共同研究は可能です。

現在推進費研究で分担者となっている研究者が応募することは可能ですか。

適切なエフォートを確保した上で、代表者と分担者の兼任、複数の分担者の兼任は可能です。ただし、代表者になれるのは1課題までです。

重点課題と行政ニーズは必ず選択しなければならないのでしょうか。

申請書において重点課題は選択必須ですが、行政ニーズは該当するものがなければ選択しなくても構いません。

30年度も継続予定の課題の研究代表者が、戦略研究プロジェクトのサブテーマのリーダーとして公募することはできますか。(公募要領p10関連)

可能です。

申請書の「2.研究計画・方法」はA4用紙3ページ以内で記入することとありますが、研究課題の概要図1ページを含めて3ページ以内ですか。

その通りです。

申請書のプルダウンが表示されません。

動作環境によっては表示されない場合があります。その場合、直接入力してください。入力内容については「QA補足(ドロップダウンリストが表示されない場合)」をご確認ください。

申請書表内のセルを選択・入力ができません。

Word2016においてこのような現象が確認されています。次のサイトのパッチを適用することで解決する可能性があります。
Microsoft Officeサポートチームウェブサイト別窓ウインドウで開きます
なお、同様の内容を含む表を作成・貼り付けしていただいても構いません。

推進費(委託費)において、研究の一部を他機関に再委託することは可能でしょうか。

可能です。ただし、直接経費の総額の1/2を超える額を計上することや、研究代表機関・研究分担機関が実施すべき本質的な業務を再委託することはできません。

サブテーマは必ず設定しなければならないのでしょうか。

同一の研究機関に所属する研究者で構成する研究体制で応募される場合は、設定いただく必要はありません。

サブテーマを2つ以上設定する場合には、研究代表者がいずれかのサブテーマリーダーを兼務するのでしょうか。

サブテーマを設定する場合、研究代表者はいずれかのサブテーマリーダーを兼務することになります。

同じ研究機関から複数の応募をすることはできますか。

研究代表者及び研究内容が異なっている場合には、同じ研究機関から複数の応募をいただいて問題ありません。

研究代表者及び研究分担者が所属する研究機関について、「研究に関する業務を行うもの」とありますが、業務の一部が研究である場合でも大丈夫でしょうか。

「法律に基づき直接設立された法人、民間企業の研究所、その他の団体等、日本の法人格を有しているものであって、研究に関する業務を行うもの」となっておりますので、業務の一部が研究である場合でもご応募できます。

例えば環境問題対応型研究だと、研究開発費の支援規模として「40百万円以内」とありますが、この額は研究期間全体又は1年当たりの額のどちらでしょうか。

1年当たりの額となっております。

このページの先頭へ