環境研究総合推進費

自然共生領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
研究
概要
環境問題対応型研究
4-1501 生態学的ビッグデータを基盤とした生物多様性パターンの予測と自然公園の実効力評価 久保田 康裕 琉球大学 H27 H29 PDF
(277KB)
4-1502 沿岸から大洋を漂流するマイクロプラスチックスの動態解明と環境リスク評価 磯辺 篤彦 九州大学 H27 H29 PDF
(178KB)
4-1503 奄美・琉球における森林地帯の絶滅危惧種・生物多様性保全に関する研究 正木 隆 (国研)森林研究・整備機構 H27 H29 PDF
(230KB)
4-1504 人口減少、気候変動下におけるグリーンインフラ-生物多様性・防災・社会的価値評価 中村 太士 北海道大学 H27 H29 PDF
(736KB)
4-1505 ハビタットロスの過程に着目した生態系減災機能評価と包括的便益評価手法の開発 一ノ瀬 友博 慶應義塾大学 H27 H29 PDF
(458KB)
4-1506 熱帯泥炭湿地林における生態系サービスの修復とREDD+のセーフガード履行システムの構築 小林 繁男 京都大学 H27 H29 PDF
(798KB)
4-1601 樹木の新種比率評価と森林政策評価にもとづく東南アジア熱帯林保全対策の策定 矢原 徹一 九州大学 H28 H30 PDF
(132KB)
4-1602 環境DNAを用いた陸水生態系種構成と遺伝的多様性の包括的解明手法の確立と実践 土居 秀幸 兵庫県立大学 H28 H30 PDF
(329KB)
4-1603 風力発電施設の建設による鳥衝突のリスク低減を目指した高精度鳥感度Mapの開発 関島 恒夫 新潟大学 H28 H29 PDF
(244KB)
4-1604 ニホンライチョウ保護増殖に資する腸内細菌の研究 牛田 一成 京都府立大学 H28 H30 PDF
(177KB)
4-1605 遺伝情報解読ブレークスルーを活用した「種の保存法」指定種の最適保全管理 井鷺 裕司 京都大学 H28 H30 PDF
(305KB)
4-1606 トキの野生復帰のための放鳥個体群・里山の管理手法と持続可能な地域社会モデルの研究 永田 尚志 新潟大学 H28 H30 PDF
(233KB)
4-1701 農薬によるトンボ類生態影響実態の科学的解明および対策 五箇 公一 (国研)国立環境研究所 H29 H31 PDF
(1,397KB)
4-1702 希少植物の自生地復元に向けた問題解決と基盤整備 瀬戸口 浩彰 京都大学 H29 H31 PDF
(176KB)
4-1703 遺伝子制圧技術による外来魚の根絶のための実証魚の開発 岡本 裕之 (国研)水産研究・教育機構 H29 H31 PDF
(1,112KB)
4-1704 異質環境下におけるシカ・イノシシの個体数推定モデルと持続可能な管理システムの開発 横山 真弓 兵庫県立大学 H29 H31 PDF
(1,153KB)
4-1705 湿地の多面的価値評価軸の開発と広域評価に向けた情報基盤形成 西廣 淳 東邦大学 H29 H31 PDF
(169KB)
4-1706 地上・リモートセンシングによる尾瀬ヶ原湿原におけるシカ個体数推定手法の開発 沖 一雄 東京大学 H29 H31 PDF
(619KB)
4-1707 奄美・琉球における遺産価値の高い森林棲絶滅危惧種に対応する保全技術開発 城ヶ原 貴通 宮崎大学 H29 H31 PDF
(1,169KB)
革新型研究開発(若手枠)
4RF-1501 遺伝子流動解析に基づくサンゴ礁生物北上予測を踏まえた海洋保護区の検討 安田 仁奈 宮崎大学 H27 H29 PDF
(223KB)
4RF-1701 海洋酸性化が生態系サービスに及ぼす影響-未来の海:CO2シープを利用した解析- 和田 茂樹 筑波大学 H29 H31 PDF
(945KB)
  • 公募説明会
  • 府省共通研究開発管理システム
  • 環境研究・技術 情報総合サイト 現在環境省にて実施している課題
  • 内閣府 競争的資金制度について

情報コーナー

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。
このページの先頭へ