環境研究総合推進費

安全確保領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
研究
概要
環境問題対応型研究
5-1601 大気中の二次汚染物質に対する発生源寄与推計と対策立案に資する規範的モデルの確立 茶谷 聡 (国研)国立環境研究所 H28 H30 PDF
(256KB)
5-1602 多種・新規化学物質の網羅的モニタリングと地域ネットワークを活用した統合的評価・管理手法の開発 西野 貴裕 (公財)東京都環境公社東京都環境科学研究所 H28 H30 PDF
(363KB)
5-1603 水系感染微生物による水環境汚染の把握と微生物起源解析の活用に関する研究 片山 浩之 東京大学 H28 H30 PDF
(174KB)
5-1604 都市型PM2.5の高濃度化現象の原因解明と常時監視データ補正法 長田 和雄 名古屋大学 H28 H30 PDF
(165KB)
5-1605 PM2.5の成分組成、酸化能、呼吸器疾患ハザードとそのモデル予測に関する研究 梶野 瑞王 気象庁気象研究所 H28 H30 PDF
(390KB)
5-1606 機器分析と溶出特性化試験を組合せた自然・人為由来汚染土壌の判定法の開発 橋本 洋平 東京農工大学 H28 H30 PDF
(251KB)
5-1607 琵琶湖における有機物収支の把握に関する研究 早川 和秀 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター H28 H30 PDF
(220KB)
5-1651 新規採取法及び細胞・動物曝露実験によるPM2.5の健康影響決定要因の同定 奥田 知明 慶應義塾大学 H28 H30 PDF
(199KB)
5-1652 血中POPsの迅速一斉分析法を用いたヒトへの曝露起源解析 森 千里 千葉大学 H28 H30 PDF
(227KB)
5-1653 変換過程を考慮した人為由来化学物質の管理手法に関する研究 越後 信哉 国立保健医療科学院 H28 H30 PDF
(141KB)
5-1654 乳幼児のアレルギー症に対するパラベン・トリクロサン等の抗菌性物質の曝露・影響評価 中村 裕之 金沢大学 H28 H30 PDF
(746KB)
5-1701 土壌・地下水中のクロロエチレン等の分解・吸脱着等挙動解析と汚染状況評価技術の開発 小林 剛 横浜国立大学 H29 H31 PDF
(2,169KB)
5-1702 海洋における無機水銀のメチル化反応と水銀化合物の生物蓄積動態の把握及びモデル化 丸本 幸治 国立水俣病総合研究センター H29 H30 PDF
(210KB)
5-1703 農薬の後作物残留を未然に防止する登録制度の提案 清家 伸康 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 H29 H31 PDF
(605KB)
5-1704 水銀を利用する環境とその周辺における水銀ばく露測定システムの開発 野田 和俊 (国研)産業技術総合研究所 H29 H31 PDF
(1,863KB)
5-1705 非意図的に副生成する臭素系ダイオキシン類の包括的なリスク管理とTEF提示 鈴木 剛 (国研)国立環境研究所 H29 H31 PDF
(574KB)
5-1706 水環境保全に向けた要調査項目の一斉評価手法の開発と要調査項目候補選定への展開 栗栖 太 東京大学 H29 H31 PDF
(131KB)
5-1707 過酸化水素の時空間分布予測のための多媒体モデル構築に関する研究 今泉 圭隆 (国研)国立環境研究所 H29 H31 PDF
(2,043KB)
5-1708 大型ばい煙発生施設の排煙処理装置におけるPM2.5の除去特性に関する研究 木本 政義 (一財)電力中央研究所 H29 H31 PDF
(905KB)
5-1709 高感度分析技術に基づく空港周辺における超微小粒子状物質の動態解明 竹川 暢之 首都大学東京 H29 H31 PDF
(1,695KB)
5-1710 風力発電施設等の騒音に含まれる純音性成分による不快感の評価手法の研究 坂本 慎一 東京大学 H29 H31 PDF
(875KB)
5-1751 微小(PM2.5)及び粗大粒子状物質が脳卒中発症や死亡に及ぼす短期曝露影響に関する研究 高見 昭憲 (国研)国立環境研究所 H29 H31 PDF
(203KB)
5-1752 小児特有の化学物質複合曝露メカニズム解明とリスク管理モデルの提案 仲井 邦彦 東北大学 H29 H31 PDF
(1,503KB)
5-1753 環境化学物質の複合曝露による喘息・アレルギー、免疫系へ及ぼす影響の解明 荒木 敦子 北海道大学 H29 H31 PDF
(2,349KB)
5-1801 革新的モデルと観測・室内実験による有機エアロゾルの生成機構と起源の解明 森野 悠 (国研)国立環境研究所 H30 H32  
5-1802 2020年船舶燃料油硫黄分規制強化による大気質改善効果の評価 櫻井 達也 明星大学 H30 H32  
5-1803 海産・汽水生物を用いた慢性毒性短期試験法の開発 山本 裕史 (国研)国立環境研究所 H30 H32  
5-1851 有機リン化合物曝露評価指標としての尿中ジアルキルリン酸の有効性の検証 上島 通浩 名古屋市立大学 H30 H32  
革新型研究開発(若手枠)
5RF-1602 土壌からの六価クロム溶出速度に基づく自然由来・人為由来の判定法の開発 大平 慎一 熊本大学 H28 H30 PDF
(261KB)
5RF-1701 水質保全を目指す革新的濃縮・スマートデバイス融合型コントロールシステムの開発 加藤 健 茨城県工業技術センター H29 H31 PDF
(653KB)
5RF-1801 化学物質の複合曝露による野外生態リスク評価方法の開発:水質及び底生動物調査と環境水を用いた生物応答試験の活用 岩崎 雄一 (国研)産業技術総合研究所 H30 H32  
5RF-1802 超分子修飾グラフェンを用いた有害物質の可搬型迅速モニタリング手法の開発 生田 昂 東京農工大学 H30 H32  
このページの先頭へ