環境研究総合推進費

中間評価(平成29年度)

評価要領

環境研究総合推進費平成29年度中間・事後評価要領PDF

(参考)総合評価の基準
評価
結果
中間評価における
研究課題全体としての評価結果
当初計画以上の研究成果が期待できる。
A※ 概ね当初計画通りの研究成果が期待できる。
当初計画の進捗に問題があるものの、概ね許容できる研究成果が期待できる。
当初計画の進捗に大きな問題がある。
当初計画の達成見込みなし。

※本評価においては、A評価が標準的な評価である。

中間評価結果一覧

1.戦略的研究開発領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
総合
評価
中間評価個票
S-14 気候変動の緩和策と適応策の統合的戦略研究 沖 大幹 東京大学 H27 H31 PDF
(354KB)
S-14-1 全体の総括と統合的戦略評価 沖 大幹 東京大学
S-14-2 生態系保全による緩和策と適応策の統合 松田 裕之 横浜国立大学
S-14-3 気候変動に対する地球規模の適応策の費用便益分析 平林 由希子 東京大学
S-14-4 アジアのメガシティにおける緩和を考慮した適応策の実施事例研究 神田 学 東京工業大学
S-14-5 気候変動に対する地球規模の緩和策と適応策の統合的なモデル開発に関する研究 肱岡 靖明 国立研究開発法人国立環境研究所

2.統合領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
総合
評価
中間評価個票
環境問題対応型研究
1-1601 循環型社会政策の効果評価と導入支援のための資源利用・廃棄物処理モデルの構築 大迫 政浩 国立研究開発法人国立環境研究所 H28 H30 A PDF
(231KB)
1-1602 フィールド調査とロボット・センサ・通信技術をシームレスに連結する水域生態系モニタリングシステムの開発 海津 裕 東京大学 H28 H30 A PDF
(246KB)
1-1603 総合的アプローチによる東南アジア地域での分散型生活排水処理システムの普及に関する研究 蛯江 美孝 国立研究開発法人国立環境研究所 H28 H30 A PDF
(232KB)
1-1604 ミズアブの機能を活用した革新的資源循環系の構築 藤谷 泰裕 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 H28 H30 A PDF
(233KB)
革新型研究開発(若手枠)
1RF-1602 多チャンネル放射能深度分布測定器の実用化とIn-situ測定法の確立 井上 一雅 首都大学東京 H28 H30 A PDF
(234KB)

3.低炭素領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
総合
評価
中間評価個票
環境問題対応型研究
2-1601 森林と農地間の土地利用変化に伴う土壌炭素変動量評価とGHGインベントリーへの適用研究 天野 正博 早稲田大学 H28 H30 A PDF
(253KB)
2-1602 極端降水評価と気象解析のためのAPHRODITEアルゴリズムの改良 谷田貝 亜紀代 弘前大学 H28 H30 A PDF
(300KB)
2-1603 二酸化炭素回収・貯留(CCS)の導入・普及の法的枠組みと政策戦略に関する研究 柳 憲一郎 明治大学 H28 H30 A PDF
(297KB)
2-1604 温暖化に対して脆弱な日本海の循環システム変化がもたらす 海洋環境への影響の検出 荒巻 能史 国立研究開発法人国立環境研究所 H28 H30 A PDF
(285KB)
2-1605 永久凍土大規模融解による温室効果ガス放出量の現状評価と将来予測 斉藤 和之 国立研究開発法人海洋研究開発機構 H28 H30 A PDF
(285KB)
革新型研究開発(若手枠)
2RF-1601 太陽光誘発クロロフィル蛍光による生態系光合成量推定のための包括的モデルの構築 加藤 知道 北海道大学 H28 H30 A PDF
(252KB)

4.資源循環領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
総合
評価
中間評価個票
環境問題対応型研究
3K163001 循環型社会形成に関わる新たな評価指標と指標体系 橋本 征二 立命館大学 H28 H30 A PDF
(296KB)
3K163003 イノシシ、ニホンジカ等の適正かつ効率的な捕獲個体の処理および完全活用システムの開発 平田 滋樹 長崎県農林部農林技術開発センター H28 H30 A PDF
(266KB)
3K163005 新規POPsを含有する廃棄物の環境上適正な管理に関する研究 梶原 夏子 国立研究開発法人国立環境研究所 H28 H30 A PDF
(378KB)
3K163006 防災分野と連携した大規模災害時における災害廃棄物量の推定手法の構築 平山 修久 名古屋大学 H28 H30 B PDF
(299KB)
3K163007 炭酸型Mg-Al系層状複水酸化物を利用した廃棄物焼却排ガスの新規処理技術の開発 亀田 知人 東北大学 H28 H30 B PDF
(301KB)
3K163009 災害廃棄物処理の実効性・安全性・信頼性向上に向けた政策・意識行動研究 浅利 美鈴 京都大学 H28 H30 A PDF
(311KB)
3K163010 硝酸性窒素等の有害物を排出しない白金族リサイクルプロセスの開発 成田 弘一 国立研究開発法人産業技術総合研究所 H28 H30 A PDF
(309KB)
3K163011 大規模災害における廃棄物の災害外力・地域特性に応じた処理技術・管理システムに関する研究 中野 正樹 名古屋大学 H28 H30 A PDF
(294KB)

5.自然共生領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
総合
評価
中間評価個票
環境問題対応型研究
4-1601 樹木の新種比率評価と森林政策評価にもとづく東南アジア熱帯林保全対策の策定 矢原 徹一 九州大学 H28 H30 A PDF
(286KB)
4-1602 環境DNAを用いた陸水生態系種構成と遺伝的多様性の包括的解明手法の確立と実践 土居 秀幸 兵庫県立大学 H28 H30 A PDF
(277KB)
4-1604 ニホンライチョウ保護増殖に資する腸内細菌の研究 牛田 一成 京都府立大学 H28 H30 A PDF
(253KB)
4-1605 遺伝情報解読ブレークスルーを活用した「種の保存法」指定種の最適保全管理 井鷺 裕司 京都大学 H28 H30 A PDF
(245KB)
4-1606 トキの野生復帰のための放鳥個体群・里山の管理手法と持続可能な地域社会モデルの研究 永田 尚志 新潟大学 H28 H30 A PDF
(254KB)

6.安全確保領域

課題
番号
研究課題名 研究代表者 研究代表機関 開始
年度
終了
年度
総合
評価
中間評価個票
環境問題対応型研究
5-1601 大気中の二次汚染物質に対する発生源寄与推計と対策立案に資する規範的モデルの確立 茶谷 聡 国立研究開発法人国立環境研究所 H28 H30 A PDF
(317KB)
5-1602 多種・新規化学物質の網羅的モニタリングと地域ネットワークを活用した統合的評価・管理手法の開発 西野 貴裕 公益財団法人東京都環境公社東京都環境科学研究所 H28 H30 A PDF
(352KB)
5-1603 水系感染微生物による水環境汚染の把握と微生物起源解析の活用に関する研究 片山 浩之 東京大学 H28 H30 A PDF
(351KB)
5-1604 都市型PM2.5の高濃度化現象の原因解明と常時監視データ補正法 長田 和雄 名古屋大学 H28 H30 A PDF
(345KB)
5-1605 PM2.5の成分組成、酸化能、呼吸器疾患ハザードとそのモデル予測に関する研究 梶野 瑞王 気象庁気象研究所 H28 H30 A PDF
(355KB)
5-1606 機器分析と溶出特性化試験を組合せた自然・人為由来汚染土壌の判定法の開発 橋本 洋平 東京農工大学 H28 H30 A PDF
(348KB)
5-1607 琵琶湖における有機物収支の把握に関する研究 早川 和秀 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター H28 H30 B PDF
(308KB)
5-1651 新規採取法及び細胞・動物曝露実験によるPM2.5の健康影響決定要因の同定 奥田 知明 慶應義塾大学 H28 H30 A PDF
(365KB)
5-1652 血中POPsの迅速一斉分析法を用いたヒトへの曝露起源解析 森 千里 千葉大学 H28 H30 A PDF
(310KB)
5-1653 変換過程を考慮した人為由来化学物質の管理手法に関する研究 越後 信哉 国立保健医療科学院 H28 H30 A PDF
(345KB)
5-1654 乳幼児のアレルギー症に対するパラベン・トリクロサン等の抗菌性物質の曝露・影響評価 中村 裕之 金沢大学 H28 H30 A PDF
(343KB)
革新型研究開発(若手枠)
5RF-1602 土壌からの六価クロム溶出速度に基づく自然由来・人為由来の判定法の開発 大平 慎一 熊本大学 H28 H30 A PDF
(344KB)
  • 公募説明会
  • 府省共通研究開発管理システム
  • 環境研究・技術 情報総合サイト 現在環境省にて実施している課題
  • 内閣府 競争的資金制度について

情報コーナー

adobe readerダウンロード
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。
このページの先頭へ