イベント情報

平成24年6月16日(土)第29回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会「市民公開講座」

※終了いたしました。多くの方のご来場ありがとうございました。

第29回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会「市民公開講座」
『子どものぜん息・アレルギー 今、求められる対応』

環境再生保全機構では日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会との共催により、学校・保育所等でぜん息等アレルギー疾患児の健康管理や指導に携わられている方等を対象に、市民公開講座を開催いたします。
 市民公開講座では「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン(学校生活管理指導表)」、「保育所におけるアレルギー対応の手引き(アレルギー疾患生活管理指導表)」の更なる活用を図るため、医療機関、学校・保育施設及び家庭との連携の方法、学校生活等におけるぜん息等アレルギー疾患児への対応やポイント等について、実習を交えて講演いたします。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

*第29回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会はこちら

PDFダウンロード
↑クリックするとチラシをご覧いただけます(PDF:348KB)。

日時

平成24年6月16日(土) 14時30分~16時45分(受付開始14時00分)


会場

新梅田研修センター(大阪府大阪市福島区福島6-22-20)
講演会場:303ホール
実習会場:503、705号室

アクセス

  • JR大阪駅より徒歩10分
  • JR大阪駅桜橋口すぐ高架下より直通バスで5分(無料)
    (8:00から19:00まで20分おきに出発)
新梅田研修センター

プログラム

講演「学校・保育所におけるアレルギー疾患への対応と配慮」(各30分)

  1. アトピー性皮膚炎 <14:35~15:05>
    平口 雪子 先生(大阪府済生会中津病院 小児科 免疫・アレルギーセンター)
  2. ぜん息 <15:10~15:40>
    錦戸 知喜 先生(大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 小児科)
  3. 食物アレルギー <15:45~16:15>
    長尾 みづほ 先生(国立病院機構三重病院 アレルギー科)
  4. 対応に苦慮するケースQ&A <16:15~16:45>
    ぜん息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー疾患児への対応等で困った事例について、事前に質問を募集し、当日、講師が回答いたします。また、参加者との質疑応答を行います。

実習(各20分)

  1. 食物アレルギー「エピペンの正しい使い方」<14:40~15:00> 会場:705号室
    伊藤 浩明 先生(あいち小児保健医療総合センター 内科部長)
  2. アトピー性皮膚炎「スキンケア、正しい薬の塗り方」<15:10~15:30> 会場:503号室
    福田 美佐子 先生、加地 涼子先生 (小児アレルギーエデュケーター)
  3. ぜん息「ぜん息の自己管理、正しい薬の吸入」 <15:45~16:05> 会場:705号室
    福田 博子 先生、伊藤 志野先生 (小児アレルギーエデュケーター)

お申し込み方法

Web(お申込みフォームは5月14日(月)から受付開始)・Eメール・郵送・FAX・電話のいずれかよりお申し込みください。
名前、住所、電話番号、職種・所属、実習の希望、保育の希望の有無、アレルギー疾患児の対応についての質問をお知らせください。
※2人以上でお申し込みされる場合は、参加者全員のお名前をお知らせください。
※後日、参加証をお送りいたします。定員になり次第締め切らせていただきます。
※入場無料。定員は200名です。


保育ご希望の方へ

当日は保育室を用意しております。
定員20名(対象:1歳から就学前までのお子様)
希望される方は事前にお申し込みください。(先着順)


お申し込み先

講演会運営事務局(株式会社プロセスユニーク内)
郵送:〒104-0061 東京都中央区銀座6-14-5 ギンザTS・サンケイビル7 階
FAX:0120-896-891
電話:0120-788-197、03-6278-8195 [受付時間 平日8:30~18:00]


お問い合わせ先

独立行政法人環境再生保全機構 予防事業部事業課 電話 044-520-9568
このページの先頭へ