大気環境の情報館

地球にやさしいエコカー

私たちの暮らしに欠かせない自動車。しかし、自動車から排出される排気ガスは大気汚染問題をもたらし、排気ガスに含まれる二酸化炭素(CO2)は、世界的な課題である地球温暖化の原因にもなっています。国からの補助や税金の優遇などによって普及が進むエコカーは、従来の自動車と比べて排出される大気汚染物質が少ない、あるいはまったく出ないだけでなく、ガソリンや軽油などの石油に代わるエネルギーで走るものもあるため、これからの資源問題にも有効であると考えられます。人と環境の共生を実現させるエコカーで、新しい未来へと走り出しましょう。

天然ガス自動車

都市ガスの原料となる天然ガスを燃料として走る自動車。従来のガソリン車と比べて二酸化炭素(CO2)の排出量が約30%少なく、窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)の排出も低く抑えることができるなど、排気ガスがクリーンであることが特長です。

電気自動車

バッテリー(蓄電池)に蓄えられた電気を使って走る自動車。燃料を燃焼・爆発させて動力にする必要がないため、走行中の排気ガスは一切ありません。太陽光発電などを利用した充電が可能になれば、環境保全に大きく貢献できます。

ハイブリッド自動車

エンジン(ガソリンやディーゼル)とモーターなど、複数の動力源を組み合わせた自動車。従来のガソリン車と比べて燃費がよく、二酸化炭素(CO2)の排出量が大幅に削減されます。

燃料電池自動車

水素と酸素の化学反応で電気を発生させ、モーターを駆動させる自動車。燃料として水素を使えば、排出されるのは水のみです。普及に向けて水素ステーション整備やコスト削減などの課題もあります。

プラグインハイブリッド車

家庭用電源などからバッテリーに充電でき、走行距離の長さが特長のハイブリッド自動車です。

水素自動車

ガソリンの代わりに水素で駆動し、二酸化炭素(CO2)の排出をしない自動車です。

低燃費かつ低排出ガス認定車

一定の燃費基準、排出ガス基準を満たしていると認定された自動車。一部の車両は購入時に税制面での優遇を受けられます。

低減レベルを示すステッカー

燃費性能を示すステッカー

このページの先頭へ