大気環境の情報館

本田技研工業株式会社(前篇)

Hondaが次世代に伝える、自由な移動の喜びと、環境問題への姿勢(前篇)

自動車メーカーとして、いち早く環境問題に取り組んできた歴史を持つHonda。1970年代、当時、最も厳しい排出ガス規制とされたアメリカの「マスキー法」にチャレンジしたのは、技術者たちの「子どもたちに青い空を残したい」という想いからだといいます。創業者・本田宗一郎氏の基本理念が宿るHondaの環境に対する考えや取り組みについて、環境安全企画室 室長の篠原道雄さんにお話を伺いました。

「自動車の排気ガスが悪者になったままでいいわけがない」

――Hondaは常に時代に先駆けた環境活動をしていますが、環境への取り組みはどのように始まったのでしょうか?


お話を伺った環境安全企画室
室長の篠原道雄さん

環境問題といえば、現在は地球温暖化やCO2削減が話題の中心になっていますが、我々、自動車メーカーにとっての環境問題は、大気汚染問題が基本になるんです。もともと公害問題や大気汚染は、工場などの固定発生源から生まれるものでした。しかし、1960年代後半になると、自動車が走る際に排出されるテールパイプからの排気ガスが、光化学スモッグの原因になっているのではないかと考えられるようになってきたんです。東京では環状8号線の周辺に光化学スモッグが発生し、近隣の子どもたちに健康被害が出ているという話もありました。

その頃、Hondaの社内には「AP研」という部署が立ち上がっていました。「AP研」とは「Air Pollution(大気汚染)研究会」の略なんですが、当時は、大気汚染がどんなものであるのか、自動車メーカーの人間でさえわかっていない状態でした。そもそも排気ガスの臭いは自動車のバロメーターと捉えられていて、ベテランエンジニアはテストドライブ後に排気ガスの臭いを嗅いでエンジンを調整していたような時代でしたから。実際、まともな測定器すらなく、「AP研」は正確な排ガスの測定方法から調査することになったんです。そして、排気ガスに非常に濃度の高い窒素酸化物(NOx)と炭化水素(HC)が含まれていることがわかり、自動車が引き起こす大気汚染を真剣に受け止めるようになりました。


Hondaが掲げるグローバル環境スローガン
「Blue skies for our children」

日本同様、アメリカ・ロサンゼルスでも光化学スモッグが社会問題になっていました。1970年代初め、光化学スモッグの主要因が自動車の排気ガスで、大気汚染と密接な関係があるということが判明したんです。その頃、アメリカでは「US Clean Air Act」(大気浄化法)の改正があり、当時、上院議員を務めていたマスキー氏が、自動車のテールパイプから排出される排気ガスを1975年までに10分の1以下にする規制の提案を行いました。この提案から生まれたのが、通称「マスキー法」と呼ばれる法律です。

これはかなりハードルが高い規制ですから、ほとんどの自動車メーカーが「マスキー法」のクリアは不可能と考えて、ネガティブな態度を取っていたそうです。しかし、Hondaはマスキー法をクリアすることを考えました。しかも、多くのメーカーが、テールパイプに触媒をつけることで排気ガスを回収する方法を取ろうとする中で、創業者の本田宗一郎は「それは嫌だ」と。根本から問題を解決する、つまり、新たなエンジンの開発することになったのです。

もともと本田宗一郎は、創業当初から「製品以外のものを工場の外に出してはならない」という理念を掲げていました。「水も空気も汚さず、Hondaの工場から出て行くのは車だけだ」と。だからこそ、自動車の排気ガスが悪者になったままでいいわけがない。当時はすべてのレース活動も中止して、新たなエンジンの開発に集中して取り組み、1972年に「CVCC」(★1)という複合過流調速燃焼方式のエンジンが生まれました。

「CVCC」の開発後、アメリカ・ミシガンにあるラボでテストが行われました。その結果、アメリカで販売される世界中の自動車がテストを行うこのラボで、Hondaが世界で初めて「マスキー法」の削減レベルを達成したんです。当時の担当官は「計測機械が壊れているんじゃないか」と疑ったそうですよ。

それまでのHondaは、“レース好きな東洋のオートバイメーカー”という認識をされていました。しかし、1973年にはオイルショックもあり、世界で初めて「マスキー法」をクリアするだけでなく、燃費のよさも評価されました。それによって、優れたエンジン技術を持つメーカーとして世界的に認知されたわけです。こんなふうに我々と環境問題の関係は、「CVCC」の技術によって大気汚染対策の高いハードルをクリアしたことから始まったといえるでしょう。

★1 CVCC(Compound Vortex Controlled Combustion)
1972年にHondaが開発したエンジンの名称。1970年代当時、世界で最も厳しかったアメリカの「マスキー法」を、世界で初めてクリアした。主燃焼室の横に小さな副燃焼室を作り、濃度の高い混合ガスを副燃焼室で点火して、その火種で主燃焼室の濃度の低い混合ガスを燃焼させる仕組みで、排気ガスに含まれる有毒物質の量を大きく減らすことに成功した。


  • 会社名:本田技研工業株式会社
  • 所在地:〒107-8556 東京都港区南青山2-1-1
  • 設立:1948年9月
  • HP:www.honda.co.jp
このページの先頭へ