大気環境の情報館

大気汚染物質の発生源

大気汚染物質には、もともと大気中に微量に存在するものと、発電所や工場、一般家庭などの固定発生源から燃焼や粉砕によって生成されるもの、自動車など移動発生源の燃料の燃焼で生成されるものがあります。また、その形状は、気体状、エアロゾル状(大気中に浮遊している固体、液体の微粒子状物質)、粒子状とさまざまです。

自然発生源

固定発生源

移動発生源

このページの先頭へ