大気環境の情報館

電気自動車

仕組み

電気自動車は、バッテリー(蓄電池)に蓄えた電気でモーターを回転させて走る自動車です。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどを搭載した通常の自動車と比べて構造が簡単で部品数が少なく、部品自体も小型化できるため、自動車自体の小型化も比較的容易とされています。

特徴

自動車からの排出ガスは一切なく、走行音(騒音)も従来のガソリン車やディーゼル車などに比べてとても静かであるというのが最大の特徴です。また、窒素酸化物(NOx)や二酸化炭素(CO2)の排出も、発電所から排出される分を考慮に入れても通常の自動車よりも少なくなります。太陽電池などの再生可能エネルギーによる充電であれば、窒素酸化物(NOx)や二酸化炭素(CO2)ともに排出量はゼロになります。

課題

車両価格やメンテナンス費用が高いこと、走行距離が短いことが挙げられます。そして、走行距離が短いことから、用途が限定されます。
 走行距離は電池の性能に左右され、また、電池が高額であることから、メンテナンス費の多くは電池交換費用など、電池にかかる費用です。車両価格は当初より半分以下になっているものもありますが、既存車(ベース車)と比較をするとまだ高価格となっています。

燃料の供給方法

充電は、専用の設備が必要となります。主に自宅である戸建住宅やマンション・ビルなどプライベートな場所での利用のほか、道の駅、公共が管理する駐車場、商標施設や時間貸し駐車場などのパブリックな場所での利用が想定され、整備が進められています。

主な車種

日産「リーフ」、三菱「iMiEV」、スバル「プラグインステラ」、トヨタ「FT-EVⅡ」などが代表的な車種です。

メンテナンス/購入・リースの方法

メンテナンスのための特別の手続きなどは不要で、ほとんどのメーカーは販売店(代理店)で一般車と同様の日数で行っています。
 また、開放型の鉛電池を使用している場合は、定期的な補水が必要です(電池は、充放電を繰り返すと、電池の液が少しずつ消費され、精製水の補給が必要となります。密閉型の電池の場合には補水は不要です)。補水は、バッテリー液面警告灯が点灯した時に行いますが、点灯しない場合でも、少なくとも月に1回は行う必要があります。適切な補水を行うことで、電池の寿命が長くなるなど電気自動車を経済的に利用することにつながります。

普及状況・研究開発状況

長らくバッテリーの性能向上に費やされてきた電池自動車の研究開発ですが、近年、ニッケル水素蓄電池に比べてエネルギー密度が高く、性能劣化も少ない高性能な自動車用リチウムイオン電池が開発され、実用化に至りました。自動車用リチウムイオン電池を搭載した次世代の電気自動車は、2009年から国内メーカーによる本格的な量産・市場投入が開始されています。

このページの先頭へ