大気環境の情報館

ハイブリッド自動車

仕組み

ハイブリッド自動車は、複数の動力を組み合わせ、それぞれの利点を活かして駆動することにより、低公害化や省エネルギー化を目指した自動車です。動力源の組み合わせにより、以下の3つの方式に分けられています。
<シリーズ方式>
エンジンに発電機を取り付けて発電を行い、モーターで車両を走行させる方式。
<パラレル方式>
エンジンとモーター等の複数の動力を切り換えて、または一方の動力を他方の動力が補完しながら車両を走行させる方式。
<シリーズ・パラレル方式(スプリット方式)>
エンジンの出力を車軸への直接出力と発電機およびモーターを介した間接出力に分離し、両者を最適な比率に組み合わせたもので、上記の2つの機能を併せ持つ方式。

特徴

内燃機関(エンジン)自動車と比べ、窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)、二酸化炭素(CO2)の排出量が大幅に削減されます。また、複数の動力源を効率良く駆動させるため、低燃費を実現できます。

課題

複数の動力源を組み合わせることから、システムの小型軽量化が求められています。また、価格面でも車種によっては、ベース車両より割高となることやメンテナンス時の電池交換費用が高額となるため、低コストの電池の開発が期待されています。

燃料の供給方法

ガソリン車と同様です。鉛電池を使用している車種(バスなどの大型車)は、充電が必要となります。

主な車種

トヨタ「プリウス」、日産「アルティマハイブリッド」、ホンダ「インサイト」などが代表的な車種です。

メンテナンス/購入・リースの方法

メンテナンスは、ほとんどのメーカーは販売店(代理店)で一般車と同様の日数で行っています。鉛電池を使用している車種の場合は、使用状況によって異なりますが、だいたい2年毎にバッテリー交換が必要となります。
 基本的に一般車と同様に販売店(代理店)で購入することができます。また、リースの場合はリース会社との契約をすることになります。

普及状況・研究開発状況

現在、各社で開発・市販されているハイブリッド自動車の多くは、ガソリンやディーゼルなどの内燃機関(エンジン)と電気や油圧などのモーターの組み合わせとなっており、とくに乗用車クラスでの開発・市場投入が急速に進んでいます。

このページの先頭へ