大気環境の情報館

プラグインハイブリッド自動車

仕組み

家庭用電源などから電気を直接車両側のバッテリーに充電できるハイブリッド自動車です。文字通り、コンセントにプラグを差し込んで充電します。電気自動車とハイブリッド自動車の長所を併せ持った自動車と言えるでしょう。

特徴

電気自動車とハイブリッド自動車の両方の長所を取り込むため、バッテリーをより多く積むことによってエネルギー効率と航続距離を両立しています。電気での走行時は、エネルギー効率がガソリン車の数倍優れており、二酸化炭素を排出しないのも特徴です。太陽光発電などの自然エネルギーによる電気を利用すれば、さらに二酸化炭素の排出量が抑えられます。

課題

2車種の装備(バッテリー、エンジン駆動系)が必要なため、コストの低減や小型化が課題です。電池性能のさらなる向上も求められています。

燃料の供給方法

電気自動車と同様の設備が必要です。電気自動車の項をご覧ください。

主な車種

トヨタ「プリウス」、三菱「PX-MiEV」などが代表的な車種です。

メンテナンス/購入・リースの方法

メンテナンスのための特別の手続きなどは不要で、ほとんどのメーカーは販売店(代理店)で一般車と同様の日数で行っています。

普及状況・研究開発状況

リチウムイオン電池の開発にともない、各社が軒並みプラグインハイブリッド自動車の開発に注力している状況です。2009年以降、とくにガソリン乗用車タイプは、日本をはじめ中国、韓国などのアジア各国、欧米各国でも開発・販売開始が加速しています。

このページの先頭へ