大気環境の情報館

水素自動車

仕組み

水素自動車は、ガソリンのかわりに水素を内燃機関用燃料として駆動させる自動車です。燃料電池自動車も水素を用いますが、水素と酸素を化学反応させて得られる電気エネルギーを使うのに比べ、水素自動車は直接水素を燃焼させる仕組みです。水素の燃焼時には、水と少量の窒素酸化物(NOx)が排出されます。

特徴

水素自動車の二酸化炭素の排出量はゼロです。また、既存のエンジンを活用することができ、レアメタルなどの高価な材料を触媒に使用しないため、自動車自体の製造コストは比較的安価です。

課題

燃料である水素の安定的な製造技術の確立、供給インフラの整備およびコストダウンも大きな課題といえます。水素自体の物性によりノッキングやバックファイアーが起こりやすいため、安全性の確保なども求められています。

燃料の供給方法

燃料電池自動車と同様の水素ステーションでの供給に向け、水素の貯蔵や運搬における技術開発が進められています。

主な車種

マツダ「プレマシー」などが代表的な車種です。

メンテナンス/購入・リースの方法

購入・リースについてはメーカー各社へお問い合わせください。なお、メンテナンスについても、各メーカーに確認をしてください。

普及状況・研究開発状況

国内での水素自動車の開発は、マツダや武蔵工業大(現東京都市大)で先駆的に取り組まれてきました。また、日野自動車などが中心となり水素燃料エンジンバズの開発も行ってきました。同じ水素を燃料とする燃料電池自動車の急速な普及にあわせ、水素自動車も実用化のための課題克服が急がれています。

このページの先頭へ