大気環境の情報館

クリーンディーゼル自動車

仕組み

世界的にも非常に厳しい排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」(※)に適応する、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)の排出量が少ないディーゼル自動車です。排出ガス浄化システムによって、騒音が大きく黒煙を上げて走行するような従来のディーゼル自動車に比べ圧倒的に環境に優しい自動車となっています。
※新車の乗用車、トラック、バスから排出される窒素酸化物(NOx)および粒子状物質(PM)の低減を図ることを目的に国土交通省により制定された自動車排出ガス規制の基準。2009年10月から新車のディーゼル車などに対し適用開始。

特徴

新しい燃料噴射システム「コモンレールシステム」の開発により、排出ガスや騒音が低減されています。また、ガソリン車に比べて2~3割ほど燃費がいいのも特徴です。

課題

ガソリン車に比べると、価格帯が高いという現実があります。また、ディーゼルエンジンが重いため車体が重くなる傾向にあり、克服が求められています。

燃料の供給方法

軽油を燃料として使用します。通常のガソリンスタンド等で給油することができます。

主な車種

日産「エクストレイル20GT」、三菱「パジェロ」などが代表的な車種です。

メンテナンス/購入・リースの方法

メンテナンスのための特別の手続きなどは不要で、ほとんどのメーカーは販売店(代理店)で一般車と同様に行っています。購入も一般車と同様です。

普及状況・研究開発状況

海外、とくに欧州での普及が急速に進んでいるのが現状です。国内では、次世代自動車の一つとして認定されています。政府の補助制度もあり、車種も増加傾向にあるため、今後さらなる認知度向上と普及拡大が期待されています。

このページの先頭へ