ぜん息などの情報館

ぜん息と上手につき合う

ぜん息の治療は長期にわたるため、ときに「薬は効いているのか」「もう治ったのではないか」といった疑問を抱いて、日常の治療管理がおろそかになりがちな面もあります。
治療が適切に行えているかどうか、自分の病状を継続的に記録し、定期的に評価しながら、発作を予防する環境整備と薬物療法を根気強く続けていくこと、さらには、病気に負けない体力をつけるための運動や、発作を軽減する呼吸訓練を取り入れるなどして、ぜん息と上手につき合っていきましょう。


成人ぜん息の日常管理

室内環境を見直しましょう

室内環境を見直しましょう

ダニやその死がい、フンは、こどものぜん息を引き起こす一番の原因。掃除・洗濯・布団の手入れなどを徹底して、ダニやカビをシャットアウトしましょう。

詳しく読む


定期的に受診しましょう

定期的に受診しましょう

病気がどんな状態にあるか、薬物療法をはじめとする日常管理はうまくいっているか、定期的に受診し医師に評価してもらいましょう。

詳しく読む


ぜん息日誌をつけましょう

ぜん息日誌をつけましょう

ピークフロー値を測定し、発作の起こりぐあい、使用した薬などとともに記録した「ぜん息日誌」は、発作の予防・管理に役立つうえに、受診時の重要な情報源にもなります。

詳しく読む


ピークフローを測りましょう

ぜん息日誌をつけましょう

ピークフローメーターで、ピークフロー値=息を力いっぱいはき出すときの速さ(速度)を継続的に測定・記録しましょう。息苦しさや発作のあるなしにかかわらず、気管支の状態を判断する手がかりになります。

詳しく読む


運動を続けましょう

ぜん息日誌をつけましょう

運動を続けることで、呼吸機能そのものを強化し、発作を起こしにくくできるばかりではなく、病気に対する抵抗力もついてきます。

詳しく読む

このページの先頭へ