ぜん息などの情報館

ピークフローを測りましょう

ピークフローとは、力いっぱい息をはき出したときの息の速さ(速度)の最大値のこと。つまり、はく息の“瞬間最大風速”です。このピークフローの値を測ることで、息苦しさや発作のあるなしにかかわらず、気管支の状態を客観的に知ることができ、医師にとっては治療方針の確認、患者側にとっては日常管理の指針になります。

ピークフローの測定には、ピークフローメーターという器具を使います。幼いこどもはうまく測定できませんが、一般に6歳ぐらいから可能です。ピークフローメーターは取り扱いが簡単で、比較的安く市販されています。医師に相談してみましょう。

ピークフローの測り方

ピークフローメーターはこまめに洗浄して清潔に使いましょう。マウスピースは最低1日1回は水洗いし、本体も月1回は食器用洗剤に浸して水ですすぎ、自然乾燥させます。

ピークフローで発作の兆候をつかもう

ピークフローは毎日、朝・(昼)・夜の1日2~3回測定して記録しておくと、ぜん息のコントロール状況をつかむのに効果的です。特に値が低くなってきたときは、発作のサインと考えられます。そのような場合の対処法について、事前に医師と相談しておきましょう。

ピークフローの測り方

日内変動に着目する

ピークフローを1日に複数回測り、1日のうちの変動(日内変動)をみることで、気管支の状態を把握する手がかりとすることができます。日内変動が大きいときは、気管支の状態が不安定で過敏性が高まっていると考えられます。

成人では日内変動率20%以内が管理目標に設定されます。

ピークフローの日内変動率を次の計算式で求めることができます。

日内変動率(%)=(最高値-最低値)÷最高値×100

日内変動率を計算してみよう

1日のピークフローの最高値と最低値を入力して 計算する をクリックすると、その日の日内変動率を自動的に計算できます。

最高値
最低値

日内変動率=

標準値を参考にする

ピークフローは年齢と身長に関連があります。自分の年齢と身長を標準予測式にあてはめて計算し、ピークフローの標準値(本来どれくらいの値があればよいか)を知ることができます。標準値は下記の予測式で計算できます(適用年齢:男性15~84歳、女性15~80歳)。

標準値(l/分)=b0+b1×年齢+b2×年齢2+b3×年齢3+b4×身長(cm)
(※b0~b4の数値は、男女別・ピークフローメーターの製品別に下表のとおりです)

  ミニライト
(ライト目盛り)
ミニライト
(ATS目盛り)
アセス パーソナルベスト バイタロ
グラフ
男性 b0 -90.8 -389.9 -396.5 -400.4 -289.1
b1 10.7 16.6 30.1 18.7 14.3
b2 -0.211 -0.338 -0.649 -0.369 -0.282
b3 0.00110 0.00189 0.00400 0.00200 0.00150
b4 3.22 4.54 4.13 4.55 3.90
女性 b0 -25.8 -165.2 -191.3 -223.1 -150.3
b1 1.59 2.83 6.15 5.31 3.15
b2 0.0172 -0.00745 -0.0847 -0.0639 -0.0209
b3 -0.000607 -0.000471 0.0000981 -0.0000475 -0.000314
b4 2.79 3.25 3.32 3.42 3.01

ゾーン管理システムを活用する

成人は「ゾーン管理システム」を自己管理に役立てることができます。
ゾーン管理システムとは、自覚症状とピークフロー値をもとに、発作の危険度を信号の色にならってグリーン・イエロー・レッドの3つのゾーンで表し、どのゾーンにあてはまるかによって、薬の使用や受診などの対処の指針を与えてくれるものです。
以下に示すゾーンはあくまでも目安です。医師と相談して個別に計画を立ててください。

ゾーン管理システム

グリーンゾーン(安全)
ぜん息の症状がほとんどなく、日常の活動や睡眠に支障なし。ピークフロー値は自己最良値の80~100%
[対処] ぜん息がよくコントロールされている。この状態が3か月以上続いていれば長期管理薬の減量が慎重に検討される

イエローゾーン(要注意)
せき、ぜん鳴、胸部圧迫感などのぜん息症状があり、睡眠や日常の活動が障害される。ピークフロー値は自己最良値の50~80%の範囲
[対処] この状況は、発作の場合と長期的なぜん息コントロール悪化のいずれかが考えられる。発作の場合はβ2刺激薬を吸入する

レッドゾーン(要警戒)
安静時にもぜん息症状があり、日常の活動に支障をきたす。ピークフロー値は自己最良値の50%以下
[対処] 直ちにβ2刺激薬・経口ステロイド薬を使用し、症状の改善がみられなければ医師の診察が必要

ピークフローメーター

ピークフローとは、大きく息を吸い込んで力いっぱい息をはき出す強さ(速度)のことで、気管支の状態を客観的に評価するために重要な指標となります。ピークフローを測定する器具がピークフローメーターです。取り扱いが簡単なため、日常の管理に活用すると便利です。

このページの先頭へ