ぜん息などの情報館

医療機関とのつき合い方

病気に関する理解を深め、主体的に治療に取り組むことはとても大切ですが、ぜん息をコントロールしていくうえで、医師とのパートナーシップが重要となる点は、成人の場合も変わりありません。治療に対する慣れや日常の多忙により受診から遠ざかってしまわないように心がけましょう。

事前にメモ書きを作成する

初診時は、内科またはアレルギー・呼吸器内科を受診します。発症してからの様子や使用した薬、過去に受けた検査やその結果などは、今後の治療の参考になりますので、受診の際はメモ書きにして持参するとよいでしょう。

重症度に応じた医療機関を選ぶ

症状が軽症の場合、わざわざ遠くの専門医にかからなくても、近所でかかりつけ医を決めて通院するほうがよいことがあります。

医療機関を選ぶにあたっては、患者さん自身もぜん息の知識をもち、十分なコミュニケーションを通じて信頼関係の築ける医療機関かどうかを、自分の目で判断していくことが大切です。

他の疾病があればトータルに把握してもらう

他の疾病があればトータルに把握してもらう

40~60代は成人ぜん息の発症ピークですが、この時期は生活習慣病の発症も気になるところです。高血圧や糖尿病などぜん息以外の疾病をもっている場合は、トータルに把握してもらいましょう。

専門医などにかかっていてそれが難しく、複数の医療機関を受診している場合は、他の疾病で受診する医療機関に、ぜん息治療で使用している薬やアレルギーの状態について伝えるようにしましょう。

医師とパートナーシップを築くために

医師とパートナーシップを築くために

医師との良好なパートナーシップを築き、相互に働きかけることが重要です。そのためには、患者側は、自分でぜん息をコントロールするという認識をもち、わからないことや疑問に思うことは、質問してきちんと理解しましょう。

医師の指示を守るという基本的なことが、なかなか実行できないこともあるでしょうが、「ぜん息を甘く見ていると、最悪、ぜん息死ということもありうる」ということを覚えておきましょう。

このページの先頭へ