ぜん息などの情報館

【実践編】上手に痰を出す方法

動画で確認しましょう

※右下にあるボタンをクリックすると全画面表示になります

手順1

横向きに寝て、手を脇の下のところにおきます


手順2

息を吸ったときに、胸が横に広がっていることを確認します。

鼻からゆっくり息を吸って、口からゆっくり息を吐いて、深呼吸します。

ポイント
もう吸えないところまで胸いっぱい吸ってから、ゆっくりと吐きましょう。


手順3

痰が上がってきそうになかったら、深呼吸を繰り返します。

2の姿勢で休み、痰が上がってくるのを待ちます。


手順3

大きく広げた両手を脇の下におき、息を吐くときに押さえます。

大きく息を吸って、勢いよく「ハーッ! ハーッ!」と口から息を吐きます。

ポイント
横向きに寝たままおこなっても、座っておこなっても、どちらでも構いません。


手順3

大きく広げた両手を脇の下におき、咳をするときに押さえます。

大きく息を吸って「ゴホン!」と咳をします。

ポイント
咳は3 回まで。
それ以上おこなうと疲れます。

※排痰は疲れやすいです。1日2~3回、1回20分以内にとどめましょう。
※疲れないように、続けておこなわず、間に休みをとりましょう。
※外出前や就寝前など、時間を決めて、日常生活の中で規則的におこないましょう。


目次

このページの先頭へ