ぜん息などの情報館

平成26年度新規「第10期環境保健調査研究課題」の公募のお知らせ

環境再生保全機構は、環境省所管の独立行政法人であり、「公害健康被害の補償等に関する法律」に基づき、大気汚染による健康被害の予防に関する事業として、ぜん息等の発症予防や健康回復に関する各種事業を実施しています。
 公害健康被害予防事業(以下「予防事業」という。)の一環として、機構では、地方公共団体が実施する地域住民を対象とするぜん息等の発症予防・健康回復に直接つながる健康相談事業、健康診査事業及び機能訓練事業(ソフト3事業)を助成しており、これら予防事業の効果的な実施及び患者の日常生活の管理・指導等の充実・強化を図ることを目的とした、新規環境保健調査研究分野の公募を下記の通り実施します。

1.調査研究の対象となる分野

  1. (1)気管支ぜん息の発症、増悪予防に関する調査研究(公募分野:3分野)
    1. (1)- ① 乳幼児期のぜん息ハイリスク群へのフォローアップ指導のあり方
    2. (1)- ② アレルギー疾患の進展予防・管理によるぜん息の発症、増悪の予防、改善効果
    3. (1)- ③ 環境因子による増悪予防のための健康管理手法
  2. (2)気管支ぜん息・COPD患者の日常生活の管理、指導に関する調査研究(公募分野:4分野)
    1. (2)- ① 就学期の患者の効果的な教育、指導モデルの構築
    2. (2)- ② 患者教育実践指導のための指導者育成システムの開発及び基盤整備
    3. (2)- ③ 客観的指標によるアドヒアランスの評価
    4. (2)- ④ COPDの重症化防止のための効果的なセルフマネジメント教育の実践・普及
  3. (3)気管支ぜん息の動向等に関する調査研究
    1. (3)- ① 気管支ぜん息患者の長期経過及び変動要因

2.調査研究計画書の提出期限

平成26年4月15日(火)から平成26年5月16日(金)午後6時までに必着または持参のこと。

3.その他

目的、予算規模、調査研究計画書の提出方法、調査研究課題の採択等については、以下のファイルを参照して下さい。

公募関係書類

お問い合わせ先

〒212-8554
神奈川県川崎市幸区大宮町1310番ミューザ川崎セントラルタワー8F
独立行政法人環境再生保全機構 予防事業部 事業課 坂本、大神
TEL:044-520-9567 FAX:044-520-2134
E-mail:h-koubo@erca.go.jp

このページの先頭へ