トピックス

「離乳期早期の鶏卵摂取は鶏卵アレルギー発症を予防することを発見」(国立成育医療研究センター)

概要 国立成育医療研究センターから「離乳期早期の鶏卵摂取は鶏卵アレルギー発症を予防することを発見」とのニュースが発表されました。
国立成育医療研究センターのプレスリリースによると、アトピー性皮膚炎を持つ赤ちゃんに、固ゆで卵をごく少量ずつ食べさせることで卵アレルギーの発症を80%抑えられたとする研究結果が発表されました。
※実際の鶏卵摂取については、専門医の指導を仰いでください。
備考 詳細はリンク先にあるプレスリリースページからご覧ください。
情報発信元 国立成育医療研究センター
情報掲載URL http://www.ncchd.go.jp/press/2016/egg.html別窓ウインドウで開きます
このページの先頭へ