トピックス

アトピー性皮膚炎の発症・悪化・予防に関わる二重スイッチ ~数理モデルを用いて各患者に適した治療法の開発に貢献~

概要 理化学研究所等の国際共同研究グループが、アトピー性皮膚炎の発症および悪化のメカニズムを解明するための「二重スイッチ数理モデル」を構築し、コンピュータシミュレーション解析を行いました。今回の解析によって、①保湿剤を使うことで皮膚バリアを強化し、症状悪化のサイクルを止めることが効果的な予防法であること、②この予防法が遺伝的要因の有無に関わらず全ての患者に効果的であることが明らかになったとプレスリリースしました。
備考 詳細はリンク先にあるプレスリリースページからご覧ください。
情報発信元 理化学研究所(プレスリリース)
情報掲載URL http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161215_1/別窓ウインドウで開きます
このページの先頭へ