トピックス

「アトピー性皮膚炎発症に関わる痒み物質の産生に重要なタンパク質を発見~新しい痒み治療薬の開発に期待~」(九州大学)

概要 九州大学が、1月10日に、アトピー性皮膚炎発症に関わる痒み物質の産生に重要なタンパク質を発見とプレスリリースしました。
プレスリリースによると、アトピー性皮膚炎における痒みを引き起こす物質が体内で作られる過程において、EPAS1」というタンパク質が重要な役割を果たしていることが分かったとのことです。
また、アトピー性皮膚炎の痒みを断つための新たな治療薬の開発につながるよう、研究をさらに進めるとのことです。
備考 詳細はリンク先にあるプレスリリースページからご覧ください。
情報発信元 九州大学(研究成果)
情報掲載URL https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/77別窓ウインドウで開きます
このページの先頭へ