トピックス

「好塩基球によるアレルギー誘導の謎が解けた!」が発表されました(東京医科歯科大学)

概要 これまで、樹状細胞と好塩基球、T細胞のアレルギーへの関与が報告されていましたが、その連携プレーが不明だったところを、東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・免疫アレルギー学分野の烏山一教授の研究グループが、好塩基球が仲介役となって、樹状細胞からT細胞へとアレルゲン情報を伝達する巧妙な仕組みがあることを明らかにしました。
今回の発見をさらに詳細に研究することで、さまざまなアレルギー疾患の病態解明と新規治療法開発への応用が期待できるとのことです。
備考 詳細はリンク先からご覧ください。
情報発信元 東京医科歯科大学
情報掲載URL http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20170117.pdf別窓ウインドウで開きます
このページの先頭へ