WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
小児ぜん息と運動:運動不足がちな現代っ子 身につけよう運動習慣!

運動習慣でぜん息のコントロール状態がよくなり、さらに運動ができるように!

運動の効果 ●健康なからだを維持する。●ぜん息のコントロール状態がよくなる。●運動誘発ぜん息を起こしにくくする。●より運動できるようになれば、自信もつき、QOL (生活の質)も上がる。

一般的に運動をしたほうがいいといわれる理由の一つは、小児期の成長段階で適度にからだを動かすことが、からだの代謝機能や免疫機能を正常に保つなど、健康を維持するためです。

さらに、ぜん息がある場合、適度な運動を続けていくことで、ぜん息発作の回数が減るなど、コントロール状態がよくなることがわかっています。良好なコントロール状態が続けば、長期管理薬の量を減らすことも可能になります。実際に、運動習慣のある人とない人の群で、同じ治療をして治療効果を比較した調査では、運動習慣のある群の方が病状の改善具合がよかったという報告もあります。

また、運動習慣がつけば、運動誘発ぜん息自体が起きにくくなります。運動をしても苦しくならなければ、いまよりもっと運動ができるようになり、それが続けば、さらにぜん息のコントロールもよくなるという好循環が生まれます。

ぜん息を持っているから運動ができないというわけではありません。いまの体力が限界だと思っている場合は、きちんと管理をすれば、いまより動くことも十分可能です。


目次

このページの先頭へ