WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
小児ぜん息と運動:運動不足がちな現代っ子 身につけよう運動習慣!

運動を習慣にして続けることが何より大切!

運動を続けると…運動誘発ぜん息が起こりにくくなる。>運動をやめると…また起こりやすくなる。>自分の体調にあわせて好きな運動を継続していくことが何より大切!

ひと口に運動といってもいろいろありますが、なかでも運動誘発ぜん息を起こしにくい運動としては、高温多湿の環境で行う水泳がよく知られています。反対に、ランニングやマラソン、サッカーなど、長時間走り続ける運動は、比較的起こりやすいといわれています。

とはいえ、ぜん息があって運動をする場合にもっとも大切なことは、運動を定期的に続け、習慣にしていくことです。運動を続けることで、運動誘発ぜん息は徐々に起きにくくなりますが、運動をやめてしまうとその効果はなくなってしまうという研究結果もあるようです。水泳に限らず、好きな運動、楽しんでできるスポーツを見つけ、それを続けていくことが何より大切なのです。「ぜん息だから運動はできない」ということは決してありませんので、少しずつからだを動かしていくようにしましょう。

調子が悪い場合は無理をせず、体調に合わせて運動量を調整しましょう。低年齢では、からだを使って遊んだり、散歩をしたりするだけでも効果はあります。

また、安全に運動を続けるために、病状のコントロール具合はどうか、運動により症状は出ないかなど、いまの状態について把握しておき、本人、保護者、園・学校関係者、主治医で確認しておくことも大切です。


目次

このページの先頭へ