WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
成人の呼吸器疾患と運動:息切れを楽にして からだを動かしましょう!

COPD特有の息切れ症状により身体活動量が低下!

COPD 動くと「息切れ」がする。→息切れを避けるために動かなくなる(身体活動量低下)。→体力、筋力がおち、さらに動かなくなる。息切れも強くなる。→病状悪化

COPDの代表的な症状は、動いたときの息切れと慢性的に出る咳や痰(たん)です。多くのCOPDでは、安静にしていると息切れはありませんが、歩いたり、階段を上ったり、荷物を持ったときなどに息切れがして、重症になると、立ち上がったり歯を磨いたりしただけで息が切れるようになります。

このように、COPDになると、からだを動かすことで息切れが出るため、ほとんどの人が気がつかないうちにからだを動かすことを避けるようになっていきます。

身体活動量が減ると、肺の機能が低下しなくても健康を維持する体力が低下しますので、いざ動こうと思ってもなかなか動けなくなり、息切れもさらに強くなるという悪循環に陥ってしまいます。そうならないように、活動的に過ごすことが大切なのです。


目次

このページの先頭へ