WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
成人の呼吸器疾患と運動:息切れを楽にして からだを動かしましょう!

動かなくなることで、寿命にも大きな差が出る!

COPDの身体活動量の違いによる生命予後

「息切れで動かなくなる」と聞くと、病状が悪化した重症の人と思われる方も少なからずいるのではないでしょうか?

COPDによる息切れは、発症して日が浅い軽症の人にも見られ、最近、軽症患者でも息切れが生じる行動を無意識に避ける傾向にあるということが報告されています。症状が進行して急に動かなくなるわけではなく、本人は意識していなくても、軽い息切れのうちから徐々にからだを動かさなくなっていきます。

実際に、身体活動量が減ると、症状悪化により入院したり、死亡率が上がるというデータがあります。また、COPDで活動的な人と、非活動的な人を調べた調査研究では、症状の経過に大きな差があり、動く人ほど長生きをすることがわかりました。


目次

このページの先頭へ