WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
成人の呼吸器疾患と運動:息切れを楽にして からだを動かしましょう!

可能な範囲で身体活動量を増やして健康の維持増進を!

運動能力と健康関連体力の図

COPDは、糖尿病のように自己管理がとても重要な病気です。そのため、COPDの治療では、薬物療法に加えて、運動療法、栄養療法などの非薬物療法により、できるだけ健康を維持することが大切になります。

なかでも運動療法は、からだを動かすことで、呼吸を楽にする重要な役割を持っています。

ひと口に運動といってもいろいろありますが、呼吸機能が低下したときに行う運動としては、まず「口すぼめ呼吸」と「呼吸と歩行のリズム」を意識して、からだを動かすことがポイントとなります。

その上で、歩いたり、ストレッチングをするなど、柔軟性、筋力、持久力を維持・増進する体力づくりのための運動を行うことが必要になります。


目次

このページの先頭へ