WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
成人の呼吸器疾患と運動:息切れを楽にして からだを動かしましょう!

ストレッチングで胸の動きをスムーズにして呼吸を楽にする

座って行う首と肩のストレッチング…1. テーブルに両肘をついて座り、肩の力を抜いて鼻から息を吸います。2. 口すぼめ呼吸で息を吐きながら、首をゆっくり横に倒します。息を吐いている間、首を倒してストレッチングをします。3. 反対側も同様に行います。これをくり返します。

首のあたりから、胸部、腹部、腰にかけた筋肉の柔軟性は、呼吸をするときの胸の動きに大きく影響します。胸の動きがスムーズでないと、効率的な呼吸はできません。COPDでは、病気の期間が長くなると、胸がだんだん硬くなり、胸の動きが悪くなることが知られています。肩で息をするようになると、首の筋肉は硬く、短くなってしまいます。

硬くなった筋肉をほぐし、胸の柔軟性を保つには、ストレッチングが効果的です。さまざまなストレッチングの方法がありますが、姿勢をよくすることも大切です。胸の動きが軽やかになれば、呼吸が楽になります。


目次

このページの先頭へ