WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

いまよりもっとからだを動かそう!
成人の呼吸器疾患と運動:息切れを楽にして からだを動かしましょう!

息切れが強くなってもあわてずに!「パニックコントロール」を身につけよう!

呼吸に注意しながら動いていても、何かの拍子で急に速く動いたりすることで、息切れが強く出ることがあります。息苦しさからパニックに陥り、からだを動かすことに対して不安が強くなってしまうというケースもあります。

こういった場合は、楽な姿勢をとって呼吸を整えることが大切です。腕に上半身を預けるように机などに伏して座ったり、壁や台などにもたれかかったり、横になったりする姿勢で、息切れが軽くなることが多いようです。ただし、人によってこの姿勢は違うため、ふだんから楽になる姿勢をみつけておくといざというときに役立ちます。

息切れから脱出できる手法が身につけば自信につながります。ぜひ「パニックコントロール」を身につけましょう!

呼吸が楽になる姿勢 1. 座った姿勢…机の上に枕などのやわらかいものを置き、上半身を預けるようにする。 2. 立った姿勢…胸の高さくらいの台などに両腕を置き、からだを少し前にかたむける。上半身を前に少し傾けて、壁に両手を重ねてよりかかり、手の上に顔をおく。 3. 横になった姿勢…布団や枕などを重ねて高さを調整し、その上に上半身をあずける。

目次

このページの先頭へ