WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.40 2012年10月発行

地方公共団体健康回復事業レポート:東京都新宿区

親子でチャレンジ!ぜん息キャンプ

短期間の集団生活により、ぜん息治療のための知識やスキルを身につけるだけでなく、人間関係の形成や自分でぜん息を管理する習慣と自立心を養うことなどを目的に、地方公共団体で行われている「ぜん息キャンプ」。今回は、東京都新宿区で実施している独自のとり組みについて紹介します。

新宿区ぜん息キャンプの概要と特徴

ぜん息児の学習意欲や自立心を高めるためには、そこに楽しみを加えることが効果的なこと、単なるぜん息の講習会形式では情報が一方通行になってしまうことなどから、東京都新宿区では、集中的に楽しみながら学べる「ぜん息キャンプ」を昭和52年から実施しています。さらに平成22年から、ぜん息児だけでなく家族へのさらなるサポートのために新たなとり組みをスタートしています。

それまではぜん息児だけが参加するキャンプでしたが、ぜん息の自己管理は家庭でのサポートが必要不可欠であることから、親子でいっしょに参加する新方式に変更しました。

キャンプの概要(平成24年度)

実施期間 2泊3日
募集人数 親子30組
スタッフ 26名(生活指導12名、医師4名、看護師4名、区担当者6名)
対象 区内在住の小学校1年生から6年生までのぜん息児童とその保護者
費用 無料(保護者は食費実費の半額負担)

主な特徴

  1. ぜん息児と保護者は別々のプログラムで、それぞれに必要なぜん息知識と技術を学ぶ。
  2. 保護者はぜん息キャンプ参加経験者と初参加者をグループ分け。習熟度に応じたプログラムにより参加者同士が学び合うように工夫。
  3. キャンプ終了後に参加者が一同に集う同窓会を開催しキャンプの成果を確認。

特徴1:親子別のプログラムでそれぞれぜん息知識を習得

保護者から離れ、専門スタッフのもとで同じぜん息を持つ子と生活をすることで自己管理に対する自立心を養うことが、ぜん息キャンプの目的の一つです。そのため、ぜん息児と保護者は1日の大半は別のプログラムで学習し、それぞれ必要な知識と技術を学ぶことができるように工夫しています。

特徴2:参加者の経験に応じたプログラムを作成

キャンプに参加したことがある経験者と、初めて参加する人の習熟度を考慮し、それぞれグループを分け、習熟度に応じたプログラムを組んでいます。初参加者はもとより、経験者ではあっても知識の習得が十分ではない場合もあることなどを考慮し、参加者同士が学び合うことができるグループワーク形式を採用しています。

特徴3:キャンプ終了後に同窓会でアフターフォロー

キャンプが終了した4か月後に、参加者が再度集まる「同窓会」を開催しています。キャンプで学んだ知識や技術などが身についているか、ぜん息キャンプ後に自己管理は向上しているか、家庭でのとり組みに変化はあったか、コントロール状態はどうかなど、ぜん息キャンプ後のアフターフォローとしてキャンプの成果を確認し、今後のぜん息管理に活かすことができます。また、参加した保護者同士の、貴重な意見交換や交流の場として、重要な役割を果たしています。


※チャレンジラリー
以下の流れで学習や確認を行う。

  1. 腹式呼吸
  2. ピークフロー測定
  3. 元気ノート(ぜん息日誌)
  4. 医師の診察
  5. 看護師による薬の確認及び服薬指導と吸入手技の確認
保護者同士が習熟度に合わせて積極的にぜん息について学習。疑問点は先生に質問
保護者同士が習熟度に合わせて積極的にぜん息について学習。疑問点は先生に質問
呼吸機能向上のためのトレーニング。風船を吹いて呼気機能を鍛える
呼吸機能向上のためのトレーニング。風船を吹いて呼気機能を鍛える
安全を守るために、イベント中に適宜、医師がぜん息児を診察
安全を守るために、イベント中に適宜、医師がぜん息児を診察

プログラムの例(2日目)

伊藤 華英(いとう はなえ)
ぜん息児と保護者、それぞれのプログラムで分かれて学習。さらに保護者は、経験者と初参加者にグループ分けし、習熟度に応じた学習会を開催。

ぜん息キャンプ参加者とスタッフのみなさま

>参加したぜん息児と保護者の方々

参加したぜん息児と保護者の方々。参加者たちの前向きな姿勢と、生活指導の余暇問題研究所、東京女子医科大学病院の医師・看護師、新宿区担当者、宿泊地の女神湖高原学園など大勢のスタッフの協力により、キャンプは大成功!

参加者からの声

ぜん息の親同士、子ども同士の交流の場はあまりないので、とても有意義なプログラムでした。また参加したいと親子ともども思っています。(2回目参加、保護者)

ぜん息ミーティングでいろいろなことがわかってよかったです。キャンプファイヤーがとても楽しかった!(参加ぜん息児)


このページの先頭へ