WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.41 2013年3月発行

特集1. 正しく使えていますか?吸入ステロイド薬

吸入ステロイド薬の継続使用で発作を予防!

吸入ステロイド薬のおもな効果 気道の炎症を改善→発作の軽減、回数の減少・消失→発作による受診、入院、ぜん息死の減少→コントロール状態アップ、QOL(生活の質)向上

現在、ぜん息は、発作がない状態であっても定期的に吸入ステロイド薬などの「長期管理薬」を使用することで、ぜん息発作が出ないようにコントロールすることができるようになっています。

以前は、何らかの刺激によってぜん息の発作が起こったときに、ぜん息発作の状態を緩和する「発作治療薬」が主流でした。しかし、気道が収縮するのは気道の炎症が原因であり、ぜん息発作が起こっていないときでも気道に「慢性的な炎症」が起こっていることがわかってきたため、現在のような長期管理が治療の中心となりました。気道の炎症状態を改善することで、刺激に反応しにくくなり、気道が収縮して発作が起こるのを予防できるようになったのです。

発作を予防する長期管理薬にはさまざまな薬がありますが、気道炎症というぜん息の根本原因を抑えるために、もっとも効果の高い治療薬が「吸入ステロイド薬」です。

現在、「喘息予防・管理ガイドライン」において、ぜん息治療の第一選択薬となっています。


目次

このページの先頭へ