WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.41 2013年3月発行

特集1. 正しく使えていますか?吸入ステロイド薬

治療の中断でぜん息が悪化する危険が!

吸入ステロイド薬を正しく使えていますか? 吸入方法が自己流になっていませんか? 薬の吸入が難しいと感じていませんか? 発作がないから」と吸入ステロイド薬をさぼっていませんか? 発作治療薬だけを使用していませんか? 禁煙をしていますか?

ガイドラインの普及や配合剤の登場、吸入ステロイド薬への理解が以前よりも広まったことなどから、吸入ステロイド薬の使用率は大きくアップしています(「喘息患者実態電話調査」の最新データ)。

それとともに、ぜん息死が減少したというデータや、入院、救急受診患者が減ったという調査結果などから、多くのぜん息は吸入ステロイド薬による長期管理でコントロールできる病気であることがはっきりとわかってきました。

しかし、その一方で、長期管理が必要で吸入ステロイド薬が処方されているにもかかわらず、使用していなかったり、病院への定期通院をやめてしまう例も少なくありません。

喘息患者実態電話調査では、吸入ステロイド薬などの長期管理薬を中断した理由として、「医師の指示」により中止したという方よりも、「症状がなくなったので」「発作が治まったので」「薬を長期間飲みたくなかったので」などの理由により、自己判断で治療を中断している方が多いことがわかりました。

薬を長期間使用することは根気のいることですが、自己判断により、治療を中断すると、炎症が悪化し、発作が起こりやすくなってしまいます。治療に少しでも疑問を感じたら、治療を中断する前にきちんと主治医に相談しましょう。

また、吸入ステロイド薬を使用していても、使用法が誤っていると、せっかくの薬の効果が低下してしまいます。吸入ステロイド薬にはさまざまな種類や吸入器がありますので、うまく吸入できない場合には、主治医や看護師、薬剤師に相談して、自分に合った吸入薬を選択して使用することが大切です。

このほか、薬の効果が低下する要因として、喫煙などもありますので、患者本人はもちろん、ご家族の方も禁煙するようにしましょう。

吸入ステロイド薬使用率(成人)

目次

このページの先頭へ