WEB版すこやかライフ ぜん息&COPD(慢性閉塞性肺疾患)のための生活情報誌

すこやかライフNo.41 2013年3月発行

特集2. 正しく薬を吸えていますか?正しい吸入のためのポイントを知ろう!

吸入薬は正しく吸入しないと治療効果が低下

ぜん息およびCOPD の治療で欠かせない「吸入薬」は、薬を吸入することで直接気道に薬剤を運ぶことができます。

吸入薬は、ぜん息やCOPD などの呼吸器疾患の治療をするための専門の薬です。その分、飲み薬と違って一般的になじみが薄く、ちょっとした技術を必要とするため、吸入薬の吸入方法を初めから理解している人は少ないでしょう。

しかし、実はこの吸入のための技術はとても大切なもので、ぜん息やCOPD と診断されたら、正しい吸入方法をしっかり身につける必要があります。吸入薬は気道の奥にある細い気管支まで薬を届ける必要があるため、正しい吸入で薬剤をきっちりと吸い込めていないと、肺に必要量の薬が届かず、効果が下がってしまうからです。

治療を続けているのに発作が出る場合は、きちんと吸入できていない可能性もあります。長期間続けていくうちに「自己流」になってしまうことも少なくないようです。定期的に吸入方法が正しいかどうか見直すことが、コントロール状態の改善につながります。

治療効果アップのために正しい吸入方法を身につけることが大切!

目次

このページの先頭へ