トピックス

「大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こすメカニズムを解明~痒みの制御をターゲットとした新規治療法開発の可能性~」(東北大学)

概要 東北大学大学院医学系研究科から「大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こすメカニズムを解明」とのニュースが発表されました。
東北大学のプレスリリースによると、大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の諸症状を引き起こす仕組みの一端を解明したとあり、今後、アトピー性皮膚炎による痒みを抑える治療薬を開発できる可能性があると掲載されています。
備考 詳細はリンク先にあるプレスリリースページからご覧ください。
情報発信元 東北大学
情報掲載URL http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/11/press20161111-01.html別窓ウインドウで開きます
このページの先頭へ