トピックス

微細粒子の吸入によるアレルギー性炎症の発症機構を解明 ※大阪大学

概要 大阪大学免疫学フロンティア研究センターの石井健特任教授および黒田悦史特任准教授らの研究グループが、PM2.5や黄砂など大気中に存在する微細粒子はアレルギーの原因因子のひとつであるIgEを誘導することを解明したとプレスリリースしました。
備考 詳細はリンク先からご覧ください。
情報発信元 大阪大学(プレスリリース)
情報掲載URL http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161221_1別窓ウインドウで開きます
このページの先頭へ