用紙申告の手続

E様式を用いる場合の記載方法

記入上の注意

このE様式は、A様式、C様式及びD様式の「補正後の脱硫効率」欄に記入する数値の根拠を明らかにするための書類となるものです。記入の際は、「排出ガス測定の一般事項(E様式及びb様式共通)」をお読みください。

このE様式は、一つの補正後の脱硫効率の算定について1枚作成してください。(年6回の補正後の脱硫効率を算定した場合は、このE様式を6枚作成することになります。)

このE様式を2枚以上作成する場合、2枚目以降には「1. 一般事項」及び「3.脱硫過程の簡略図」は変更がなければ記入する必要はありません。

脱硫効率は、脱硫装置(製品等脱硫の場合は当該装置)前後のSOx量によって次の式を用いて算出します。

脱硫効率(%)=(1-脱硫後のSOx量÷脱硫前のSOx量)×100

脱硫効率の算定は、一つの施設から排出されるSOx量に応じて、次に掲げる算定(測定)回数によってください。ただし、大気汚染防止法、電気事業法でSOx量の常時測定義務がある施設については、1か月間の平均値を用いて月1回の算定としてください。

排出SOx量 算定(測定)回数
10m3N/h以上 2か月に1回以上
10m3N/h未満 年に1回以上

E様式右上の「工場・事業場名」欄に、工場・事業場名(会社名等も併せて)を記入してください。

 SOx量及び測定値等に係る有効数字の取扱いに十分留意してください。

E様式の記載例はこちら(PDF、24.1MB)

このページの先頭へ