アスベスト(石綿)とは?

中皮腫・肺がんの場合

①指定疾病で現在療養中の方(認定申請者)及び法施行日(平成18年3月27日)以後に認定の申請をしないで指定疾病により死亡された方(未申請死亡者)

中皮腫

中皮腫であること

中皮腫は、診断が困難な疾病であるため、臨床経過やエックス線検査・CT検査のほか、病理組織診断によって、中皮腫の確定診断がされていることが重要となります。
(病理組織診断なしでは、通常は中皮腫と判定できませんが、細胞診断が実施されている場合、その他の所見と総合して中皮腫と判定できる場合があります。)

肺がん

1. 及び2. を満たす場合に「石綿による肺がん」であると認められます。

1. 原発性肺がんであること

2. 石綿ばく露が原因であることを示す(ア)~(ウ)のいずれかの医学的所見があること

  1. (ア) 胸膜プラーク所見があること(胸部エックス線検査または胸部CT検査)
     +
    胸部エックス線検査でじん肺法に定める第1型以上と同様の肺線維化所見があり、胸部CT検査においても肺線維化所見が認められること
  2. (イ) 広範囲の胸膜プラーク所見があること(以下のいずれかの場合)
    • 胸部正面エックス線写真により胸膜プラークと判断できる明らかな陰影が認められ、かつ、胸部CT 画像によりその陰影が胸膜プラークとして確認されること
    • 胸部CT 写真で、胸膜プラークの広がりが左右のいずれか一側の胸壁内側の4分の1以上あること
  3. (ウ) 石綿小体または石綿繊維の所見があること(以下のいずれかの場合)
    • 乾燥肺重量1g当たり5,000本以上の石綿小体
    • 乾燥肺重量1g当たり200万本以上の石綿繊維(5μm超)
    • 乾燥肺重量1g当たり500万本以上の石綿繊維(1μm超)
    • 気管支肺胞洗浄液1ml中5本以上の石綿小体
    • 肺組織切片中の石綿小体
      ※ 複数の肺組織切片を作製した場合には、そのいずれにも石綿小体が認められる必要がある。

②法施行日(平成18年3月27日)よりも前に指定疾病により死亡された方(施行前死亡者)

中皮腫

中皮腫であったこと

中皮腫であったことが記載された死亡診断書等で確認できること、または診療録の写しから死因が中皮腫と判断できること

肺がん

1. 及び2. を満たす場合に「石綿による肺がん」であると認められます。

1. 原発性肺がんであったこと

原発性肺がんであったことが記載された死亡診断書等で確認できること。または診療録の写しから死因が原発性肺がんと判断できること

2. 石綿ばく露が原因であることを示す(ア)~(ウ)のいずれかの医学的所見があること

  1. (ア) 胸膜プラーク所見があること(胸部エックス線検査または胸部CT検査)
     +
    胸部エックス線検査でじん肺法に定める第1型以上と同様の肺線維化所見があり、胸部CT検査においても肺線維化所見が認められること
  2. (イ) 広範囲の胸膜プラーク所見があること(以下のいずれかの場合)
    • 胸部正面エックス線写真により胸膜プラークと判断できる明らかな陰影が認められ、かつ、胸部CT 画像によりその陰影が胸膜プラークとして確認されること
    • 胸部CT 写真で、胸膜プラークの広がりが左右のいずれか一側の胸壁内側の4分の1以上あること
  3. (ウ) 石綿小体または石綿繊維の所見があること(以下のいずれかの場合)
    • 乾燥肺重量1g当たり5,000本以上の石綿小体
    • 乾燥肺重量1g当たり200万本以上の石綿繊維(5μm超)
    • 乾燥肺重量1g当たり500万本以上の石綿繊維(1μm超)
    • 気管支肺胞洗浄液1ml中5本以上の石綿小体
    • 肺組織切片中の石綿小体
      ※ 複数の肺組織切片を作製した場合には、そのいずれにも石綿小体が認められる必要がある。

このページの先頭へ