アスベスト(石綿)とは?

アスベスト(石綿)はどのような場所に使用されていたか

石綿は生活のあらゆるところで使用されてきました。石綿の用途は3000種といわれるほど多いのですが、大きくは石綿工業製品と建材製品に分けられ、その8割以上は建材製品です。

石綿を使った建材製品は1955年ごろから使われ始め、ビルの高層化や鉄骨構造化に伴い、鉄骨造建築物などの軽量耐火被覆材として、1960年代の高度成長期に多く使用されました。また石綿は安価で、耐火性、断熱性、防音性、絶縁性など多様な機能を有していることから、耐火、断熱、防音の目的で使用されてきました。その使用形態は以下のようなものがあります。


1. 吹き付けアスベスト

石綿とセメントを一定割合で水を加えて混合し、吹き付け施工したものをいいます。使用期間は1956年ごろから1975年ごろまでです。


2. 吹き付けロックウール

1975年に吹き付けアスベストが原則禁止となった以降は、吹き付けロックウールに切り替わっていましたが、しばらくの間は石綿を混ぜて使用していました。石綿を混ぜて使用していた期間は、1968年ごろから1980年ごろまでですが、一部の工法(湿式)については1988年ごろまで使用されていました。現在市販されているロックウールには石綿は使用されていません。


3. アスベスト保温材(石綿含有保温材、耐火被覆板等)

アスベスト保温材には、保温材と耐火被覆板があります。板状保温材と筒状保温材は、各種プラントの塔などの外壁や配管の定形部にボルトや針金等によって固定されて使われています。ひも状保温材は、各種プラントの曲管部や施工しにくい部分に巻きつけて使われています。布団状保温材は、各種プラントのポンプ、バルブ、フランジ等の保守点検を必要とする部分等にかぶせ、その上から針金等を巻きつけて使われています。


4. アスベスト成形板(石綿スレート、パルプセメント板、石綿セメントサイディング等)

アスベスト成形板には、平板または波板状のものがあり、最も代表的なものが石綿スレートです。防火性、耐熱性に優れた性能を持つことから、建物の外壁、屋根をはじめとして広い範囲で使用されています。さらに化粧を施したものや軽量化したものなど、多くの石綿スレート関連製品があります。


5. その他のアスベスト製品

石綿は、石綿セメント製パイプ状製品として煙突や排気管などの低圧管と上下水道用高圧管に使用されていました。また、タンクやパイプラインなどを接続する際の継ぎ目からの液体もれを防止するためのシール材としてパッキングやガスケットなどに使用されています。

この他、石綿は、ブレーキライニングやクラッチフェーシングと呼ばれる摩擦材などにも使用されていました。

なお、石綿製品(石綿含有建築材料等)の商品名と製造時期は、日本石綿協会、ロックウール工業会、石膏ボード工業会のホームページに掲載されています。

石綿製品の用途
製品の種類 主な用途
建材 押出成形セメント板 建築物の非耐力外壁および間仕切壁
住宅屋根用化粧スレート 住宅用屋根
繊維強化セメント板(平板) 建築物の外装および内装
繊維強化セメント板(波板) 建築物の屋根および外壁
窯業系サイディング 建築物の外装
石綿セメント円筒 煙突
非建材 断熱材用接着剤 高温下で使用される工業用断熱材同士の隙間を埋める接着剤
耐熱、電気絶縁板 配電盤等
ジョイントシート 配管または機器のガスケット
シール材 機器等の接続部分からの流体の漏洩防止用の詰物
その他の石綿製品 工業製品材料(石綿布等)、ブレーキ(摩擦材)

よくあるご質問

  1. Q1 建物・家屋、職場の建物(事務所、店舗、倉庫等)に石綿が使用されているが、どうしたらよいでしょうか?
このページの先頭へ